本日公開されたAmerican Customer Satisfaction Index(米国顧客満足度インデックス)で、Facebookの満足度が顕著な下落を見せていることが話題になっています。





ソーシャルネットワークカテゴリでは最低



調査の結果、主要なソーシャルネットワークサービスの満足度は下記のようになったとのこと。

Google+ : 78%
Pinterest : 69%
Twitter : 64%
Linkedin : 63%
Facebook : 61%


Facebookは前年比8%の下落で、ITビジネスにおいては記録的な満足度の低さとなってしまいました。61%というのは調査対象の230企業の中でも、ワースト5に入る数字。

Google+の評価の高さが際立っていますが、プライバシーへの配慮、モバイルへのフォーカス、広告の少なさが評価の原因となっているとのこと(参考)。

調査をサマライズしたインフォグラフィックも合わせてぜひ。また、詳細なレポートはこちらから閲覧できます。

ニュースメディアでは、HuffingtonPostの評価が低いのが意外ですね。ブログメディアの信用度は依然低い、ということでしょうか…。