Fortuneに「Facebook wants to be your online bank」と題する興味深い記事を発見。内容を抄訳してご紹介。

Facebook wants to be your online bank - Fortune Tech




オンライン送金サービスを開発中




Banks of facebook(via TechCrunch)

フェイスブックは現在、オーストラリアのCommonwealth Bankと恊働でオンライン銀行サービスを開発しているそうです。

銀行側によれば「口座を開設しているフェイスブックユーザーは、フェイスブック上で、友人を含めたサードパーティに支払いを行うことができる(It will allow Facebook users who are bank customers to make payments to third parties as well as Facebook friends through the social media channel)」サービスになる予定。

フェイスブック側はこの動きに対するコメントは控えていますが、Fortuneいわく「フェイスブックは明らかに銀行側へのコミュニケーションを行っている」とのこと。

また、フェイスブックのチーフ・プライバシー・オフィサーを務めたChris Kellyは、現在フェイスブック上で株を買うことができるLoyal3というサービスのアドバイザーとなっています。記事の中ではここら辺も気になる動きとして言及されています。




送金サービスは加熱している領域なので、フェイスブックが「Facebook Payments」なんてサービスで参入しても不思議はありません。財布を忘れたので友達に飲み代をサクッとフェイスブックで支払う、なんてことは数年内にできるようになっていてもおかしくない感じ。

新しいテクノロジーは送金手数料を限界まで下げてくれています。例えばDwollaは、10ドル以下なら手数料ゼロ、それ以上でも25セントという格安価格です。「お金を送る」という行為は民主化され、より日常的になっていく可能性があるでしょう。