[要約TED] 小室 淑恵「長時間労働をやめる」

このエントリーをはてなブックマークに追加



自分のメモも兼ねて、お時間がない人のためにTED動画の要約を提供していこうと思います。第一弾は先日のTEDxTokyoでプレゼンをした小室淑恵さんのトーク。感銘を受けました。





長時間労働をやめることで、社会の問題は解決できる








・900社以上のコンサルティングをしてきたが、30%の残業が減っても売上が上がる企業すらある。
・今の日本は長時間働けば働くほど生産性が落ちる、負のスパイラルに落ち込んでいる。

Ihayatoblog 2012 07 05 17 21 51



・長時間労働を続けるA社はコストカットしようとして、人を削る。削った固定費より、増えた残業代の方が多くなってしまう。優秀な人は逃げ、うつ病も増加する。集中力は下がり、コストは上がる。そんな企業に人は入りたくないため、採用も難しくなる。

Ihayatoblog 2012 07 05 17 24 12


・B社は残業を削り、女性や若者を雇用する。時間と成果は関係ない。
・短時間勤務の女性や若者を雇用することで、組織に多様性が生まれ、よいアイデアが出てくる。

Ihayatoblog 2012 07 05 17 25 40

・長時間労働を続けるか否かは日本の財政に関わる。長時間労働は介護、育児などの問題とも繋がっている。課題の解決は全て行政への要求となってしまい、税負担が上昇する。
・7割の女性が出産を機に仕事を辞めている。年金の払い手が減り、将来は生活保護の対象になる可能性がある。
・定時後の時間を使うことで、財政を使わずに社会問題を解決することができる。


Ihayatoblog 2012 07 05 17 19 46

Ihayatoblog 2012 07 05 17 19 56




素晴らしい内容だと思います。仕事が好きなら良いですが、そうでもなければ長時間労働なんてろくなもんじゃないですからね…。小室さんの提案に大賛成です。

ノマドワーカーとしては、時間と場所から開放されて働くこと、すなわち「在宅勤務の許可」も、重要な解決アプローチだと考えます。残業削減に合わせて、自宅でも仕事ができるようになれば、育児や介護に携われる時間も増加するでしょう。

僕自身もフリーになって在宅勤務ができるようになり、奥さんと一緒にいられる時間も増えました。教育のためにも、子どもには、働く父の背中を間近で見せたいなぁ、とか思っています(となりのトトロで出てくる一家のお父さんのようなイメージ。)。




動画は12分ほどです。小室さんの人柄に触れることでまた情報の印象も変わるため、お時間がある方はぜひ生でご覧ください。プレゼンとしても超一級です。




小室さんの著書。レビュー33件と評価高いです。

---お知らせ---

イケダハヤトってそもそも誰?(プロフィール)

新刊「なぜ僕は『炎上』を恐れないのか(光文社新書)」好評発売中!

新刊「仏教は宗教ではない」好評発売中!

祝3刷!「武器としての書く技術

制作費のご支援を。有料メルマガ購読にご協力ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加