起業家精神、リーダーシップについて考えてみました。





強い問題意識



Ihayatoblog 2012 07 03 18 20 12
photo credit: e-magic via photo pin cc



僕が出会ってきた魅力的な起業家のほとんどは「どんな課題を解決したいのですか?」という問いに対して、非常にクリアな解答を、自信をもって語ってくれました。問題意識は本当に人それぞれで、僕はこれまで

・「手話が使えない場所が多すぎる」(シュアール・大木さん)
・「日本人は宇宙リテラシーが低い」(宇宙シェアハウスを企画中の石亀さん)
・「民間で、うつ病の予防はできる」(NPO法人Light Ring・石井さん)
・「検診を受ける人が少なすぎる」(ケアプロ・川添さん)

といった、ある意味で「特殊」な問題意識を持った方々に出会ってきました。

問題意識はリーダーシップの源泉です。同じ問題を解決したい仲間が集まってくるのです。

問題意識はリーダーシップの一つの要素にすぎないなので、必須ではありません。それでも、「強い問題意識」は起業家と呼ばれる人たちが備える、もっとも自然で一般的な特質と言えるでしょう。




目的は「成長」




Ihayatoblog 2012 07 03 18 21 20
photo credit: Jason A. Samfield via photo pin cc



どなたも明言はしていませんが、僕が知る魅力的な起業家の多くは、事業を行う「究極的」な目的を、自身の「成長」と位置づけているように感じます。

ある意味で、彼らは「チャレンジ中毒」です。彼らにとっては、チャレンジを行い、できることを増やしていくことが、人生の喜びです。経験値を蓄積し、自分が使える魔法が増えていくことこそが、事業、人生の目的なのです。ゆえに、彼らは「金のために」仕事をすることはありません。

その意味で、彼らは自分自身と戦い続けています。自身の成長を目的にする限り、永遠に満足することはありません。市場には「競合」が存在しますが、それらは「戦うべき自分」の影のような存在です。

「事業の目的は変化を起こすことだ」と苛立つ方もいるかもしれません。しかし、「究極的には」、事業の目的は自分の人生という矮小な単位に落ち着くと思うのです。




失敗を恐れない・アクションのハードルが低い




Ihayatoblog 2012 07 03 18 22 08
photo credit: clappstar via photo pin cc


これは一般的に言える特質だと思いますが、優れた起業家は失敗を恐れません。言い換えれば、彼らのアクションのハードルは、周囲からは意外だと思われるほど低いのです。「え!そんな見切り発車して大丈夫!?」と心配になるほどです。

しかし、優秀な起業家は、実のところ見切り発車をしているわけではありません。他人が理解できないだけで、合理的な直感にもとづき行動しています。僕らとはリスクの許容度のラインが違うわけです。

Linkedinのリード・ホフマンも印象的な言葉を残しています。

たいていの人はリスクを大きめに見積もる。人間はそのように進化してきた。精一杯活躍しようとするなら、このネガティビティ・バイアスの克服に努めなくてはいけない。

(本の紹介)リード・ホフマン「スタートアップ! シリコンバレー流成功する自己実現の秘訣」





非常に柔軟




Ihayatoblog 2012 07 03 18 23 29
photo credit: Jithin Radhakrishnan via photo pin cc

優れた起業家は、数ヶ月見ないうちに「お、この人変わったな!」と思わせてくれます。

自分の製品に対して強いこだわりを持っていた人が、良い意味で冷静になり、実直に製品と向き合えるようになっている、という場面にはしばしば出会います。

それは「自分を変えることを恐れない」という言葉でも表現できるでしょう。2番目の「成長特質」にも通じますが、自分という存在は「今」が最高であり、どれだけ多く「過去の自分」を作れるかが、優れた起業家にとっては重要なのです。




モチベーションは管理していない




Ihayatoblog 2012 07 03 18 25 01

photo credit: Philippe Boukobza via photo pin cc

優れた起業家は、究極的には「やりたいこと(解決したいこと)をやっている」ので、モチベーションを管理する必要がありません。

「モチベーション管理の秘訣はなんですか?」と聞くと「そもそも管理してない」という答えは結構な割合で返ってきます。

組織が大きくなると、このギャップに悩まされる起業家も少なくないようです。「なんでみんな本気になってくれないんだ!」と。そこもまた「成長」のポイントと言えるでしょう。




日常を楽しんでいる/楽しもうとしている



Ihayatoblog 2012 07 03 18 25 46

photo credit: Pink Sherbet Photography via photo pin cc

「快」の感情を重視していることも、魅力的な起業家の側面として挙げられるでしょう。大きな組織の経営者になると、いかにしてポジティブなエネルギーを維持するかに試行錯誤を重ねていたりします。

やりたいことをやることの重要性を良く知っている彼らは、遊ぶように仕事をすることを推奨します。




…というあたりが、僕が強く魅力を感じる起業家たちの特質です。他にはどんなものが挙げられると思いますか?ぜひ皆さんのご意見をお聞かせください。





関連本。リーダーシップに関する伝説的とも言える一冊。素晴らしい内容です。