フジプライムニュースに出演したのですが、ちらっと出たグラフが非常に面白かったです。





昔から3年で辞めていた



3170

図録▽中卒・高卒・大卒別の3年以内離職率より)

三角のマーカー付きの赤線が大卒です。こうして見てみると、データがある1987年から変わらず大卒の離職率30〜35%で推移しています。

ベストセラー本の影響か、最近になって若者の離職率が上がっているのかと勘違いしていましたが、数字だけ見ると「若者は昔から3年で辞めていた」んですね。





社会問題のように見えるのは中卒・高卒の方々の離職率の高さ。

下図はやや古いデータではありますが、さらに詳しく見てみると、中卒の方は1年目で40〜50%の人が辞めていることが分かります(平成15年版 国民生活白書最近のデータはこちら)。

Ihayatoblog 2012 06 20 19 34 25


Ihayatoblog 2012 06 20 19 34 29


Ihayatoblog 2012 06 20 19 34 33




「仕事への執着心が低い若年」?



国民生活白書では「仕事への執着心が低い若年」という見出しがありますが、ジョブホッパー的に会社を辞めている僕としては、何だか軽く違和感を覚えます。

仕事への執着心が低く見えるのはあくまで結果で、実は「長く働きたいと思える職場」が見つからないだけ、とも取れるのではないでしょうか

問題は若者の精神ではなく(自己責任論)、雇用の受け皿・マッチングの仕組みの問題(社会の問題)という側面にあるのではないか、ということです。また、マッチングの改善に関しては、テクノロジーが寄与できる課題ではないかと思います。




皆さんは若者の比較的早期の離職についてどう考えますか?ぜひコメント欄にてご意見をお聞かせください。