「意識が高い学生」という言葉について。





「頑張ってるやつカッコ悪い」



Ihayatoblog 2012 06 04 10 43 21

photo credit: via photo pin cc

この言葉の背景に「頑張ってるやつカッコ悪い」という、同調圧力めいたものを感じてしまうんですよね。

校舎の外に飛び出していった人間を、安全地帯から大勢で眺めて、あーだこーだいうような感覚です。

飛び出した人間が失敗したら、彼らは安全地帯から笑い、訳知り顔で批判するのです。直接的には、何の被害も被っていないのにも関わらず。




「意識の高い学生」の特徴のまとめ。という記事には、何が悪いんだ?というものもちらほら見受けられます。


・留学したがる
・就活に積極的に取り組んでいる。
・ソーシャルメディアを積極的に活用している。
・社会問題に目を向け、今の社会の間違ったところを批判する。
・オトナは汚いと批判する
・レベル高い人と一緒に行動して「学ぶものが多い」と言う
・アテも無く海外旅行する
・ゲームしない
・マンガ読まない
・音楽を聴かない
・twitterで丁寧語率が高い

「意識の高い学生」の特徴のまとめ。 - @fromdusktildawnの雑記帳より抜粋





誰がなんと言おうと、僕は「頑張ってるやつはカッコいい」と思います。

はじめのうちは空回りであろうとも、転がる中で社会の波に研磨され、内面も丸くなっていくでしょう。何をやるにせよ、多少の恥や失敗は付き物です。


また、どんな人でも、数年後、「あの時期は痛かったな…」と振り返ることがあるのが普通でしょう。僕は毎年のように、「過去の自分」をイタいヤツだと思って振り返っています(なのでブログの過去ログはあまり見ません笑)。イタい自分を認めることが肝要だと思います。




校舎の外に飛び出すことをせず、自分と社会に問題意識を抱かず、安穏と「あいつアレ絶対失敗するよw」「イタいよね」とダベっている方がよっぽど問題だと僕は思います。




笑われようが、失敗しようが、批判されようが、イタいヤツだと思われようが(実際自分から見てもイタいのでどうしようもない!)、「意識を高く」保っていきたいと僕は思います。もちろん、僕はそういう学生さんも心から応援しています。




みなさんは「意識が高い学生」という言葉について何を考えますか?よろしければコメント欄や、ご自身のツイッター、フェイスブックでご意見を共有してみてください。