最近、「最低限必要な収入」を把握することをおすすめしています。これを知るとかなり人生が楽になる可能性があります。





妻子がいても、年間300万の手取りを稼げばなんとかなる



Ihayatoblog 2012 05 30 10 18 45

photo credit: nadja.robot via photo pin cc

以前リアルに計算したところ、うちの家族の場合は、年金も健康保険も税金も払って、300万円の手取り収入があれば「トントン」で生きていけることが分かりました。子どもができても、小さいうちはこの範囲で収められます。

その気になれば?親の実家も頼れるので、最悪200万円あれば生きていけてしまいます。本当にどうしようもなくなったら年金も免除可能ですので、150万円程度までラインを下げることも可能かもしれません。




心の余裕が生まれる



Ihayatoblog 2012 05 30 10 21 27

photo credit: AlicePopkorn via photo pin cc

「最低限必要な収入」を知れば「まぁ、これくらいならなんとかなるかな」と思えるようになります。すなわち、心の余裕が生まれます。

この記事をお読みのビジネスパーソンの方なら、年額200万円程度の利益を生み出す仕事は、それほど困難なく生み出せるでしょう。もちろんアルバイトをしても良いでしょうし。

働いていて恐ろしいのは「稼がなきゃいけない」圧力に心を押しつぶされそうになることです。もちろん、お金を稼ぐのは意義があり、楽しいことでもありますが、目的の本末が転倒してしまっては残念です。




新しい機会を掴む余裕も出てくる



心に余裕が出てくれば、新しいことにチャレンジする意欲も沸き立ってきます。

かくいう僕も、「最低限必要な収入」が思ったより少ないことに気付いたことが、独立の決め手だったりします。

サラリーマンであった当時も、副業で毎月5〜10万程度稼いでいたので「まぁ会社辞めてもなんとかなるか」と思えたのです。




というわけで、改めて「最低限必要な収入」を考えてみることをおすすめします。

特段の生活事情がない限りは、本ブログをお読みの皆さんは「あれ、意外と余裕かも?」と感じるかと思います。




関連本。この本を読むと「最低限必要な収入」の敷居が下がります笑