賛否両論?イケダハヤトが物申す

「明日死ぬかもしれないし」という開き直りは最強

スポンサーリンク

人生の目標の一つであった出産も無事に終えたので、とりあえず、明日死んでもそれほど後悔しない気がしています。


「明日死ぬかもしれないし」という開き直り

スティーブ・ジョブズの名言は有名ですが、これってホントに力をくれる問いです。

僕はメンタルがそれほど強くないので、何をするにしても躊躇したり、恐怖を抱いてしまったりします。そんなとき、「明日死ぬかもしれないし、やらなきゃ損だな」と自分に言い聞かせると、大抵の心理的ハードルは楽に超えることができます。

「死ぬかもしれない」という自覚は、長期的な人生設計においても効果をもたらします。明日、来週、来年死ぬかもしれないのに、なんで我慢して嫌なことをやり続けなければならないのでしょう。


スクリーンショット 2012 11 10 18 13 22

photo credit: Thomas Leth-Olsen via photopin cc

僕にとって「明日死ぬかもしれない」という事実は、アクションを取るためのハードルを下げるドーピング剤のような役割を担っています。この問い、この開き直りを胸に埋め込んでいるので、毎回炎上を恐れず、ポチッと公開ボタンを押せるわけです笑


フリーランスになってからというもの、「常識」という名の鎖を、ひとつひとつ解錠するようなイメージで日々を過ごしています。自分を縛るのって、他でもない自分だったりしますよね。僕は凡人なので、問いを上手く立てつつ、エッジを磨いていきます。


ジョブズの伝記、1,050円のペーパーバック版が出るんですね。現在予約受付中。


スポンサーリンク