家庭を持つことの意味について語りました。

ざっくりいうと、まず成功するためには「孤独」が必要です。

孤独になれない人は、壮大な挑戦することを恐れるため、大きな成果を残すことができないわけですね。

ジョブズだって孫正義だって、孤独なはずです。

あまりにも考えていることが先端的すぎて、「誰も理解してくれない」気分になるんじゃないかなと。

成功には孤独であることが必須なわけですが、とはいえ「完全な孤独」は人間として地獄です。

周囲の人々が、誰一人自分を理解してくれない……というのは、想像するだけでキツいですよね。

完全な孤独に追いやられると、人は周囲から孤立し、精神を病みます。

このときに機能するのが、家族です。

家庭があれば、コミュニケーション欲求を満たすことができます。

朝起きたら子どもたちと強制的にコミュニケーションが始まるのは、健康的なんですよね。

さらに、よい関係性を紡いでいけば、家族は「もっとも身近な理解者」になってくれます。

イケハヤの場合は、どれだけ炎上しても、妻はずっと味方です

議論で負かされることはあれど、彼女が敵に回ることはないでしょう。

だから、ぼくは孤独でいられるんです。

妻と娘がいるから、孤独を受け入れられる。

批判を恐れず挑戦できる。

で、たまに成功の種を掴んで、大きく稼ぐこともできるわけですね。


あなたは孤独でいられていますか?

周囲の目を気にして、顔色を伺って、やりたいことに挑戦できていない……ということはないですか?

もしそうなら、あなたには広義の意味で「家族」が役立つでしょう。

それは何も結婚しろとかそういう話ではなく、広義の「ファミリー」がいればいいと思います。