マニアックなテーマですが、パブリックチェーンのネットワーク効果についてのブログ記事を紹介しました。

Synthetixチームはイーサリアムでステーブルコインを作っていますが、EOSなどと比べると、やはりイーサリアムが優秀だと判断している様子。

特にパブリックチェーンのネットワーク効果は、従来のテクノロジーと比較して、軽視されていると語ります。

The reasons these network effects have been overlooked is probably because we are used to platform competition being the norm;

ネットワーク効果について、以下の4つの側面を指摘しています。

1.Tooling(使われれば使われるほど、ツールが拡充されていく)

2.Composability(使われれば使われるほど、組み合わせの幅が広がる)

3.Social(使われれば使われるほど、コミュニティが広がる)

4.Monetary premiums(使われれば使われるほど、トークンが実需を持つ)

なんて感じでしょうかね。詳しくはブログを読んでみてください。

「4.Monetary premiums」は納得感があって、EOSやTRONはまだパブリックチェーンの基軸トークンとしては「不安定すぎる」気がします。

ETHはそれらのトークンに比べると、だいぶ実需寄りの価格形成をしているんじゃないかな、と認識してます。主観ですが……。


DeFi周りを見ても、イーサリアムはひとつ抜けていますね。

複数のプロジェクト/プロトコルが有機的に組み合わさり、エコシステムが形成されています。

Alethio

パブリックなブロックチェーンを使って何かをやろうと思ったとき、イーサリアムはもっとも現実的な選択肢になります。

開発ツールも多く、モジュール的に使えるサービスも多く、議論も盛んで、トークンの価値も比較的安定しています。

このネットワーク効果は強力で、競合的なパブリックチェーンを概ね駆逐する可能性が高いです。

「イーサリアムでいいじゃん」という結論になりやすいわけですね。

なお、クロスチェーンやプライベートチェーンとは、平行的に発展していくと思われます。

クロスチェーンが深まれば深まるほど、イーサリアムも使いやすくなるので、それはマイナスにはなりにくそうですね。