いやいや、これなんでリップラー怒らないんですか……。

イケハヤは保有していたXRP、この件で手放すことを決めましたよ……。さすがにないでしょう。


今回の「助成(ってそもそもなんだよw)」をまとめると、

  • リップル社の元CTOが作った「Coil」という投げ銭サービスに、
  • 280億円相当のXRP(10億XRP……)を「助成」(投資ですらない)
  • Coilはシード期のベンチャーで、4億円相当の株式による調達を完了
  • できたてほやほやのベンチャーで、たぶん成功しない(Patreonに勝てない)
  • そもそもXRPは国際送金のブリッジ通貨で、Coilの事業領域とは無関係
  • リップル社(Xpring)は独断的にこの助成を実行

いやー、桁がヤバいですよね……。

どうみてもCoilの企業価値は100億以下、せいぜい50億円程度でしょうか。

もっと低いかも。そんな会社に、280億円相当(!)のXRPを、タダであげたわけでしょ?

いやー、意味不明だw Coil自体も別にイノベーティブじゃないし……。


これはさすがに「XRPがゴミになる前に、身内に配って売り抜けようとしている」と見られてもおかしくないです。

XRP関係ないじゃん、これ……。

せめて、国際送金系のサービスに助成(笑)するなら100歩譲って理解できるけど、ウェブ投げ銭だもんなぁ……。


しかもこの助成されたXRP、基本的には売られるわけですよね。

だって、Coilが「国際送金のブリッジ通貨」を持っていてもしょうがないわけで。

XRPのままじゃCoilの事業には使えないので、大部分はフィアットに換えて使うことになるでしょう。

こうしてあらたに、280億円の売り圧が加わりました!


これに加えて、リップル社サイドからの強烈な売り圧も存在します。大石さんのまとめをどうぞ。


XRP価格はさすがに低迷していますね。

スクリーンショット 2019 08 17 18 18 38

運営側が謎の売り圧をバシバシ追加している以上、まだまだ下がると予想します。

1XRP=0.1円くらいになったら買ってもいいかな……w


何よりヤバいのは、この巨額助成について、リップラーたちは特に問題視していないこと……。

こんなん、たとえばBinance(BNB)とかイーサリアム財団(ETH)が同じことしたら大炎上すると思いますけどねw