coincheckに新規上場の噂が出ています。

あくまで予想ですが、EOSが来るんじゃないかな〜と思ってます。


EOSは海外でも人気が高く、プロジェクトとしても実直に開発が進んでいます

取引高では、つねに10位以内にランクインしています。

スクリーンショット 2019 08 08 16 32 25

イーサリアムには水を開けられていますが、これから盛り上がる可能性はぜんぜんありますね。

日本で妙に人気があるADA(Cardano)も……ワンチャンありますが、過去の汚点(マルチ商法で販売)が引きずっており、実質「再開第一弾」としては難しい雰囲気がありますね。


新規上場は取引所としても悲願でしょうね。

新たな投資チャンスが訪れれば、新しいユーザーも集まるでしょう。

これが封じられている日本の取引所はなかなか可哀想です……。

coincheckにかぎらず、多くの取引所が新規上場に向けて行動を取っているのでしょう。

まずは海外でも人気の主要アルトを、次に国内銘柄……という流れですかね。2020年は楽しくなりそうです!


とはいえ、アルトコインは投資対象としては……しばらく微妙ですね。ビットコイン一極集中が続くでしょう。

関連記事:アルトコインは終わる。イケハヤがビットコイン中心に投資をする理由。