ふふふふふふ!!


やってしまった……。

スクリーンショット 2019 07 28 8 12 54

誘惑に負けて、銀行口座に眠っていたお金をCompoundに回してしまいました。総額500万円以上!

イーサリアムを使った分散型融資サービスで、DAI建てだとかなりの高金利で利息が得られます。

現在利回り15%くらいですね。すごい。

スクリーンショット 2019 07 28 8 31 35

利息はリアルタイムに反映される仕組みで、分単位で数字が動いていきます。

ここまでで60ドルほど稼げましたね!

スクリーンショット 2019 07 28 8 14 55

んでもって、リアルタイムに資金は引き出せます

イーサリアムのスマートコントラクトで動いてるので、引き出し手数料も20円とかそんなもんです。

レンディングプールに供給されているDAIは2,589,080単位なので、イケハヤのシェアが2%くらいありますねw

スクリーンショット 2019 07 28 8 15 25

リスクは?

もちろんリスクは高いので、一般にはおすすめしません

お金を融資して増やしたければ、普通にソーシャルレンディングとか使うといいと思いますw

関連記事:元本毀損なし!クラウドバンクで42万円の利息収入を得た話。

とはいえ、超革命的な仕組みなので、少額で試すのは超おすすめです!

どういうリスクがあるかというと、主に3つですかね。

  • Compoundの安定性(バグがないか、規制対象にならないか)
  • DAIの安定性(バグがないか、価格が安定するか、十分にガバナンスされるか)
  • セルフGOX(秘密鍵紛失、送金ミスなど)

Compoundのコード自体は、すでに監査済みです。イケハヤは専門ではないですが、読む限りは大きなリスクはない……と思います。

スクリーンショット 2019 07 28 8 25 20

が、こればかりはなかなか難しいですね……。

そもそも監査ですべてのバグが見つかるとも限りませんし、discordでは「監査対象になったコードが公開されてないじゃないか」というツッコミもあります(対応予定とのこと)。

Compoundに問題がなくとも、DAI(MakerDAO)にバグがある可能性もあります。こっちがバグってると、自動的にCompoundも崩壊しますね……。

常識的にいえば、あと1年くらい待ってからお金突っ込むのが理性的です。イケハヤはそこらへんバグってるので……w


規制に関しては、インターフェイス(compound.finance)レベルでのIPブロックはありえますが、原理的に日本からの利用をブロックするのは不可能です。ブロックチェーン万歳。

IPブロックが実施されたとしても、リテラシーがあれば乗り越えられるので、リスクというのは大げさですかね。


利用する上でもっとも懸念なのは、肝心の「DAI」自体がどこまでステーブルなのか……という点ですかね。

DAI自体はまだまだ黎明期で、このまま需要が高まったときに、果たして十分に機能するかはよくわかっていません

DAIの供給量の推移はこんな感じ。

スクリーンショット 2019 07 28 8 18 30

DAIの価格推移(価格安定性)も要チェックです。

安定性が崩れる様子が見えてきたら、すぐに資金は引き出そうと思います。

ここ最近はだいぶ安定している感じではありますね。

スクリーンショット 2019 07 28 8 20 50

なお、DAIが信用できない場合は、USDCのレンディングにしておくとよさげです。

スクリーンショット 2019 07 28 8 28 12

利回りは3〜5%くらいでしょうかね?

リスクは小さくなるので、堅実に運用できます。

実際DAIより多くの資金が供給されています。


イーサリアムの知識がない人がいじると、3の「セルフGOX」も大きなリスクになりますね。

Metamaskはインターフェイスレベルでのバグ・挙動不審が残ってたりするんで、慣れててもたまに焦りますw

ここまで読んで意味不明なら、Compoundはおすすめしません!スタート・理解の難易度はかなり高いと思ってください。


誰が借りてるの?

この利回りで、そもそも誰が借りてるのかが疑問に思いますよね。

基本的には「短期でのETHロング需要」だと思われます。

DAIレンディングが年利20%の場合、月利だと1.66%ほどになります

「100万円の資金を、1ヶ月あたり16,666円の借りることができる」と考えられるわけですね。

この場合、たとえば「1ヶ月後にはETHが5〜10%値上がりしているだろう」と仮定するトレーダーは、DAIを月利1.66%で借りることは合理的な行動になります。

つまり、CompoundでDAIを借りて、ETHを買っているわけですね。

低レバレッジの仮想通貨FXをやっているとも解釈できます。

といいつつ、それが投資家にとって魅力的な選択肢なのかどうかは、実はいまいちわかってないんですが……。イケハヤは借り手には回ってません。


ETH価格と金利が連動しているっぽい。

観点を変えると、ETHの価格が上がってくると、DAIを借りてまでロングを仕掛ける人が減っていくとも考えられます。

この場合は需給ギャップが開くので、DAIの貸付金利も下がっていきます。

7月は仮想通貨市場が全体的に下落し、割安感があったから金利が高かったのかも?と分析しています。

2019年6月は市場全体が急騰しましたが、この時期は金利が6〜7%と安い水準でした。

スクリーンショット 2019 07 28 8 41 25

Compoundの金利は需給で決まるので、DAIを供給する人が増え(Compoundが流行る)、借りる人が減る(USDCに流れる)といった要因でも変動します。

が、もっとも影響度が高いのはETH価格なんじゃないかな〜と直感的には思います。


とまぁ、非常に複雑でぼくが想定できてないリスクもありそうですが、気になる方はお試しあれ。

イケハヤは身銭突っ込んでから学ぶスタイルなので、まずは500万入れましたw

関連記事:金利17%!? Compoundでレンディングする方法を解説。