ホルダーの方、これ知ってますかね?

リップルは運営と創業者によって、継続的に市場で売却されています。

売却量はむしろ増加傾向。2019Q2は過去最高の売りだと分析されています。

特に注意したいのは、創業者のクリス・ラーセン、ジェドの両氏が販売していること(グレーのチャート)。

スクリーンショット 2019 07 24 10 10 37

従来、株式市場なんかだと「創業者の売り」というのは忌避される傾向があります。

自社の株が値上がりすると思うなら、普通売らないわけですからね。

しかし、XRPは違います。創業者が継続的に売っているというのは、いわば「売り抜け」とも言えるわけです。

そして、なぜ創業者がXRPを売るのかについては、十分なロジックは提供されていないように見えます。


こうした売り圧の影響もあり、実際にXRPの価格は低迷していると指摘されています。


一方、日本ではXRPは大人気の通貨。なんとBTC以上に取引ユーザーが多いそうで!まじかよw

スクリーンショット 2019 07 24 10 14 52

なんかこう、日本人が養分になってる感じがしませんかねこれは……。

XRPに将来性があればまだいいんですが、暗雲が立ち込めているのも事実。

勉強すればBTC一択だと思うんですけどねぇ……。

関連記事:リスク要因多め。リップル(XRP)の将来性に悲観的な理由。