あんまりこの手の話題は扱わないんですが、時代の変化を感じるのでまとめました。

  • ジャニーズの圧力(SMAP)
  • レプロの圧力(能年玲奈)
  • 吉本興業(全方位にヤバい)
  • セクハラ偽装でDJ社長炎上

DJ社長は切り口が違う感じがしますが、すべてに共通しているのは「組織よりも個人が強くなってきた」ということなんですよね。


「圧力」や「反社会的勢力との付き合い」自体は、昔から存在したわけです。

というか、昔のほうがひどかったのでしょう。

それこそ、美空ひばりは堂々とヤクザと付き合っていたわけで


そうした暗部は組織の力学で隠蔽されていたわけです。個人はそこまで強くなかったんですね。

が、今は違います。

DJ社長しかり、ネットの力だけでマス規模の影響力を手にすることができる時代です。

圧力をかけようものなら、SNSで簡単に暴露される時代です。

反社会的勢力と付き合おうものなら、サクッと写真が流出して終了です。


いい時代になってきた、ということですね。

DJ社長のようなモラルのない事件はあれど、それも含めて個人の時代ということでしょう。

「組織よりも個人が強くなってきた」という事象は、芸能界にとどまりません。

最近だとカネカのパタハラとかが記憶に新しいでしょうかね。


時代の変化はますます加速していくでしょう。

流れに抗う側ではなく、流れに乗る側でいたいものです。