リブラがもめもめですね〜〜。

ポイントはここらへん!

  • アメリカでFacebookがフルボッコになっている。スムーズに発行までたどり着けるか、雲行きは怪しい。
  • リブラとFacebookが叩かれる一方、十分に分散化されているビットコインは相対的に評価が高まっている。
  • G7でもリブラ規制がテーマに。「自由な通貨発行」を巡る議論と摩擦はまだまだ続きそう。

各国政府がリブラを規制する論拠は、個人的には乏しいと見ています

「AML(マネーロンダリング対策)をちゃんとやれよ」くらいしか言えないのでは?

「民間組織が勝手に通貨を発行してはいけない」というルールはありません。いまから作っても手遅れです。

また、あくまで「支払い通貨」であるリブラは、証券(Security)にも該当しないと思われます。

法律違反でもなければ、証券にも該当しない。

AML/KYCしっかりやるのは大前提ですが、そもそもLibraサイドははじめからそのつもりでしょう。


というわけで、短期的なゴタゴタはあれど、結局はリブラは発行されると考えます。

あ、残念ながら日本ではリブラ、使えないと思います……。

規制が厳しすぎるのと、そもそもニーズが希薄な気がします。Facebook的にも優先順位低いでしょうね。


おそらくこれ、AmazonやGoogleも続くと思うんですよね

どういうかたちになるかは見えませんが、やはりステーブルコインになるのでしょう。

ビットコインを担保にしたステーブルコインをGoogleが発行……とかなったら面白いのですが、流石にないかな。


個人的には、リブラはDapps基盤のブロックチェーンとして期待しています。

Libraの進展によっては、イーサリアムよりも使いやすいエコシステムができてしまうかもしれませんね。

Facebookが狙っているのは、実はこの「ブロックチェーンインフラ」なんじゃないかと思ってます。Facebookは次の時代のOSを作ろうとしてるわけですね。


仮想通貨ネタはブロックチェーンチャンネルでやってます。登録どぞ!

イケハヤ大学に登録する