日本はリップル愛好者が多いので、軽く炎上しそうですが……w

一応ぼくも5,000XRPくらいもってるホルダーです!


リップルの懸念点。

冷静に考えて、以下の論点はホルダーでも疑問に思うべきではないかと。

  • ブリッジ通貨として実需が出てきたときに、XRP価格は上がるのか?
  • XRPがブリッジ通貨として使われる見通しは、どの程度現実的なのか?
  • 証券に認定される可能性は?

もっとも大きいのは証券認定問題。

これが落ち着くまでは投資判断難しいですね……個人的には、XRPは証券認定されるんじゃないかと予想します。

少し先の未来では、ビットコインやイーサリアムがETF化される公算があります。

そうなると投資家のお金が入りやすくなり、さらなる価格上昇が期待できます。

XRPに関しては、証券認定問題がくすぶっている状態が続いている場合、EFT化などの選択肢は原則的にありえないでしょう。

もしそうなると、XRPは「大した実需もないのに、なぜか主要なユースケースの対象外である個人投資家(主に日本人)が買い支える」構図となります。

XRPの時価総額は相対的に落ちていき、マイナーアルト化していくでしょう。


ポジティブな未来も?

以上は悲観的予測ですが、ポジティブに未来を見ると、

  • 証券認定が回避され
  • xRapidの利用が世界中で進み
  • XRPがブリッジ通貨として利用されまくり
  • その結果、XRP価格が上昇する

という方向性もありえます。

知名度も高いので、ビットコインとは違う立ち位置の「メジャーアルト」として、トレーダーに支持される可能性もあります。

いずれにせよ、証券認定問題が片付かない限りは、なかなか投資判断ができませんね。

証券認定されてドカンと暴落、そこから規制の対象となって再起していく……というストーリーも考えられます。

個人的には、XRP買うならそのルートかなと思ってます。


今年はとりまビットコインですね。イケハヤは淡々とBTC枚数を増やしてます。

関連記事:アルトコインは終わる。イケハヤがビットコイン中心に投資をする理由。