未分類

【価格予想】20年以内に、ビットコイン価格は4,000万円に到達する。

スポンサーリンク

というわけで、動画で価格予想ネタやってみました。

  • ビットコインはデジタルゴールドの地位を明確にしつつある。
  • インターネット上に価値を保存する手段として、支持されている。
  • 安全資産である「金(ゴールド)」の時価総額は800兆円程度。
  • ビットコインは現在時価総額20〜30兆円程度。
  • 金の時価総額に匹敵する資産クラスになるとすると、価格は1BTC=4,000万円くらいになる。

という予想です。

ビットコインのほうがゴールドより便利なんで、金以上に評価される可能性も高いと個人的には思います。

ビットコインが大きく羽ばたくために必要なのは「金融商品化」ですね。

既存の証券講座でBTCが変えるようになり、分離課税になれば、投資商品として一気に身近になります。

こちらは楽天証券の口座ですが、ここにビットコインが入ってくるイメージですね。

スクリーンショット 2019 07 12 6 50 17

金融商品化のステップとして、グローバルには「ビットコインETF」が期待されています。

なかなか申請が通らず実現には至っていませんが、2020年代前半にもETFされるのではないかと、個人的には予想します。

これは価格上昇のシグナルになり、1BTC=500万くらいになるんじゃないでしょうかね……。知らんけど。


とはいえ、ビットコインが失墜する可能性も残されています。

2017年の騒動のように、開発・マイナーレベルで政治紛争があり、またもや分裂……というのは怖いですね。


技術的に見ると、ビットコインはもう完成形なのではないか……と個人的には考えてます。

というのも、「WBTC」のように主要なパブリックチェーンにBTCを移して、そこで利用するユースケースが出てきているからです。

スクリーンショット 2019 07 12 7 14 22

PoWチェーンは処理速度に限界があるので、実際にビットコインを使う場合は、イーサリアムやLibraなどのチェーンを利用する感じになるんじゃないかな〜と予想します。

なので、ビットコインはもう完成しているということですね。

マイニングの電気代問題はありますが、あれは発電技術・計算機の側のイノベーションでなんとかなるんじゃないかなと。


まぁ、未来は不確実です。

とりま、このままビットコインが盤石な存在になれば、その資産価値は膨れ上がると思います。

というわけでビットコイン買いたい方は、この機会にどぞ。最近は「bitbank」が優勢です。

関連記事:【2019年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!

スポンサーリンク