ビットコイン価格も上昇中で、いい感じですね!


新規上場銘柄が出てきそう!

国内では長らく止まっていた新規銘柄の扱い、2019年中には再開されるのではないかという観測があります。

国内では現状、こんな銘柄が上場しています。

  • BTC
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH
  • XRP(リップル)
  • XEM(NEM)
  • MONA(モナコイン)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • Zaif系草トークン
  • QASH

coincheck以後の粛清で、匿名コイン系、Augur(REP)なんかが排除されています。

割とこのラインナップには……ツッコミどころがありますよねw

まともな国内外のプロジェクトは増えているわけで、新規上場は業界の悲願ともいえます。


言わずもがな、海外の取引所には無数の銘柄が上場しています。

日本市場だけ流れから排除された状態が続いているのは、健全とはいえないと考えます。


どんな新規銘柄が上場するのか、イケハヤの独断と偏見で予想してみました!


基準は?

どういう基準で銘柄上場が決まるのか、これも想像ですが書いてみます!

  • 運営の分散性(イーサリアム、ビットコインのように管理主体が存在せず、十分に分散されている)
  • コードの安全性・堅牢性
  • 開発の進捗
  • (運営主体がある場合は)運営企業の健全性
  • (プロダクトがある場合は)プロダクトの市場適合度、成長性
  • 日本市場上場に向けたチームの存在

OmiseGO

スクリーンショット 2019 05 11 13 55 07

日本拠点を持ち、日本企業とのネットワークもあるOmiseGOは、国内上場の最初の対象になる予感がします。SBIは上場させたいでしょうね。

スクリーンショット 2019 05 11 13 55 23

開発も順調に進んでいるようですね。今後の動きが楽しみです!


EOS

スクリーンショット 2019 05 11 13 48 44

最近はdappsも増えているようで、順調に開発が進んでいるみたいですね!

あんまり詳しくないのでよくわかりませんが、分散的な運営も進んでいるように見えます。


BAT(Basic Attention Token)

スクリーンショット 2019 05 11 13 51 26

実プロダクトがリリース済みで、一定の支持を集めているプロジェクトのトークンも、上場候補に上がりそうですね。

その観点では、やっぱりBATが筆頭かなと思います。

Braveブラウザは550万DLを超えたそうです。

BATの使い道も整備されつつありますし、有望なプロジェクトといえるでしょう。


その他の注目銘柄。

先に挙げた適合性でいうと、ここらへんのトークンも選択肢になりますね。

  • Cosmos
  • Bancor
  • Maker
  • NEO
  • Waves
  • Ontrology
  • Dogecoin
  • 0x
  • Aeterrnity

とはいえ、こうしたプレーヤーは日本市場に積極的にアプローチする可能性が低いので、短期での上場は考えにくいですね。

国内取引所から各プロジェクトに営業を掛けられる、攻めのフェーズを待つことになるでしょう。


意外とありえそうなのは、海外取引所の国内展開と、それに伴うトークン上場。

Huobi、Binanceなんかは、銘柄制限された日本市場版サービスを出してくる可能性がありますね。

んで、しれっとそこでBNBやHTが上場されている、みたいな。

これもまぁ、時間は掛かりそうですね。

似たパターンとして、Coincheckなどが独自トークン(Coincheck Token)を作って上場する……とかもありえそうですね。


「オタクコイン」「ALIS」「FiNANCiE」「PoliPoli」のような国内チームのプロジェクトも、上場に向けて動き出す(あるいは動き出している)と思われます。

が、これはちょっとどうなるかわかりません。

取引所上場による調達額の大きさを考えると、もう少しプロジェクトが大きくならないと難しい気がします。


2019年の仮想通貨は楽しい!

年末くらいには1〜2件、新規上場が出てきそうですね。

取引も活発になり、投機で稼ぐチャンスも出てくるでしょう。

それと同時に、ハッキングあるいはインサイダーなどのトラブルも増加するはずです。色んな意味で賑やかになるんじゃないでしょうかね。ワクワクです!