昨日も書きましたが、『YouTube攻略の教科書』ついに発売しました!

1月28日までは、5,000円割引の「24,800円」で販売していますが、1月29日からは定価の29,800円となります。気になってる方はお早めにどうぞ!


ということで、ここでは発売を記念して(?)YouTubeを始めて歩んできた道のりを簡単に振り返りたいと思います!


YouTubeを始めて4ヶ月目になりました。


YouTubeを始めたのが10月3日ごろ。ということは、まるまる3ヶ月と半月ぐらい経ったわけですね。

この期間、YouTubeにフルコミットしてみてどうだったのか。

まず現状の数字でいうと、登録者が28,000人を超えました。もうすぐ3万人!

で、この3万人を超えると、YouTubeチャンネルのメンバーシップ機能を使えるようになるので、ここにちょっとした「しきい値」があるような気がしています。

規模としては、3万人を超えたら中堅チャンネルぐらい……? 中堅は言い過ぎですかね?w 

弱小チャンネルよりはちょっと上かなぐらいのところまで、なんとか3ヶ月ちょっとでたどり着いたことになります。

一人分だったら全然食っていけるけど……


続きまして、ここが一番重要なんですが、収益について。

これは規約的に公開してはいけないので、厳密の額は言えないんですが……大企業の中堅サラリーマンぐらいは稼げてます

すみませんね、なんか妙な表現でw

ぼく一人だったら全然食っていけるぐらいの収益は十分出ているかなと。
picture_pc_5ef1fbe15a3100eec6ad89a32bea0182

ですが、事業としてみると少しスケール感には乏しいですね……。

これだとまだ年商1000万にも届かないぐらいのペースなので、「YouTubeのマネタイズ」と考えると、まだまだ改善の余地はあるなという状況ですね!

YouTube、めちゃくちゃ大変です!


ここまでやってみた感想をひと言でいうと、YouTubeめちゃくちゃ大変です!w

これ、ほとんど人は挫折するんじゃないかってくらい辛いですね……。

なんかスプーンで壁を掘ってるような感じ?伝わりますかね。

たまに壁がボロボロ崩れて前に進める瞬間はあるんですが、なかなか一筋縄では行かないですね。

とりあえずここまでやってみて、もう本当に超感覚的ですが、やっぱりチャンネル登録者数が1万人を超えてくると、だいぶ見られるようになるという実感はありますねぇ。

でも、この「1万人」がYouTube初心者にとっては遠いんですよね……。

YouTubeは今まで培ってきた影響力が生きない。


うちはツイッターからだったり、ブログからだったり集客についてはかなり頑張ってきたんですけど、実は大して効果がありません。

本人が言うんだから間違いないです!

YouTubeのよくある誤解なんですけど、「イケハヤはツイッターのフォロワーが20万人くらいいるし、ブログにも読者がいるからYouTubeで稼げてるんだ〜!」みたいことをツイッターでよく言われるんですね。

でもね、これはウソです!マジで嘘。全然そんなことはありません。

実際には、ほとんど来ないと言っても過言ではないんじゃないですかねぇ。これはマナブさんとかモフさんとかも同意してくれたかな。


やっぱり相性が良くないんでしょうね。

「動画を見たい」っていう層とツイッターを見ている層ってやっぱり違うじゃないですか。

ツイッターのアプリを開いてサッサッとスクロールしているときに、そこからわざわざYouTubeアプリへ飛ぶかっていうと……飛ばないですよね?

ブログも同じで、ブログを読んでる人ってそもそもテキストを読みに来ているので、そこから動画を見にいく人って少ないんですよね。

という感じでYouTube、想像以上に今まで培ってきた影響力が生きません。

なかなか辛いな……という感じで、ぼくは一度ちょっと挫折しそうになりましたw

まだ影響力がない人にもYouTubeはチャンス。


ただ裏を返していうとですね、これは「チャンス」なんですね。

影響力がまだ無いような人でもグンと伸ばすことはできますし、実際に稼げている人も結構います。

YouTubeの中にはアルゴリズムがあるんですが、これに乗ることができれば、ちゃんと数字が伸びる仕組みになっているんですね。

ただYouTubeの外からお客さんを呼んでくるのは、めちゃくちゃ効率が悪いです。


それをやるくらいだったら、しっかりYouTubeにレコメンドしてもらうことの方が大事ですね。

たとえば、「関連動画」というところに表示されることだったり、ログインしてトップページを見たときに「あなたへのオススメ」と表示してくれるブラウジング機能だったり、そういうところにしっかり載るのがめちゃくちゃ重要なんですね。

ということは、逆にいうとそこさえ攻略できれば、割と素人でも伸ばすことはできるはずです。
picture_pc_299c7f606054c8c66cd1bb9323d85644

YouTubeの収益性はAdsense以上


収益性で言うと想像以上にいいのは間違いないです。

今までぼくはブログにAdsenseを貼って稼いでいましたが、YouTubeはブログのAdsenseなんかよりも確実に収益性はいいですね。

一方で、なかなかユーザが増えないのが悩ましいところです。

そのユーザー増やすためにはYouTubeのアルゴリズムを攻略する必要があるんですが、これがなかなか難しい。

具体的に言うと「視聴維持率」という数字があるんですね。

最初に見てくれた人がいかに離脱しないで最後まで見てくれるか、この数字がおそらく裏側では重要視されています。

あとは、もちろんチャンネル登録者数がたくさんいるかだったり、今までの再生回数がどのくらいあるかどうかだったり、おそらくこの辺を見ていますね。


なので、ある程度チャンネルの運営実績を積まないといけないですし、もちろんクオリティの高い動画、具体的にいうと離脱が少ない動画をちゃんと作っていくことが必要になります。

これを頑張っていけば伸びるのは間違いないんですが、「言うは易く行うは難し」というやつでして、そんなに簡単ではございませんw

これはもうね、日々頑張っていくしかないです。イケハヤも日々試行錯誤する中で学びを得て、このnoteにコツコツとまとめているわけですよ……。

今ならまだ「先行者優位」が働きます。

これからYouTubeを始める人も多いと思いますが、他の場所で育てた影響力が使えづらい分、ある意味スタートラインは同じです。

よっぽど何か、社会的に知名度のある芸能人とかだったら話は別ですが、ぼくらは芸能人でもなんでもないですからねぇ。

基本的にはスタートラインは一緒だと思っていいと思います。

それに今ならまだ「先行者優位」が働きます。

そんな毎日コツコツとスプーンで壁をほじくっていくような勇気のある方は、この機会に本気でYouTubeを攻略し始めてみるのもいいと思います。


というわけで、『YouTube攻略の教科書』、本気でYouTubeをやっていきたいと思っている人はぜひチェックしてみて下さい!