昨日アップした動画の反応が良かったので、サクッと記事バージョンでもお届け!


リアルゲスト講師「りっくん」の正体とは?

Image8

イケハヤ:こんにちは。今日は、イケハヤ大学にリアルゲスト講師「りっくん」を召喚しました。

りっくん:現在20歳。大学に通いながらブログを運営していて、「瞬間男子」と名乗らさせていただいています。

イケハヤ:若いですねw

りっくん:ブログのPVは最高で月間12万PV、収益は最高で30万円ほどという感じでございます。

イケハヤ:素晴らしい! 20歳の大学生。すごいですね。ブログを始めてどのくらいですか?

りっくん:ちょうど2年目に入ったところですね!

イケハヤ:結構、長いっちゃ長いですね〜。

りっくん:高校卒業のタイミングからですね。ブロガーのやぎぺーさんを知って、自分にもできるかもしれない思って始めました。

イケハヤ:そこから2年で確定30万円まで。わお! 素晴らしい。売上の内訳はどんな感じですか?

りっくん:物販系が7、8割ですね。

イケハヤ:Amazonとか?

りっくん:そうです。Amazonアソシエイトがほとんどで、A8やレントラックスが2割とか。アフィリエイト記事にはあまり広告を貼らないようにしているので、Adsenseの割合は低いですね。

イケハヤ:アクセスの流入源としてはSEO?

りっくん:SEOですね。

イケハヤ:じゃあ、ある種「正統派ブロガー」ですね。

Image14

イケハヤ:テーマとしては雑多に?

りっくん:もう“雑記”ですね。自分が経験したことで得た教訓を要約して、記事にまとめている感じですね。

イケハヤ:これぞ、正統派の雑記ブロガー! いいですね〜! 2年ほど続けてきて、調子がいいときは売上が月で30万円くらいと。良い意味で、典型的な成長曲線をたどっているイメージですねぇ。

ブログの更新頻度について

イケハヤ:全体の記事数はどのくらいになりました?

りっくん:記事数はそこまで多くなくて、300本いかないくらいです。

イケハヤ:ホントだ。更新頻度はそんなに高くないですね。この記事数で、その売上はすごいですね〜。

りっくん:比較的、一本一本の記事に力を入れて更新はしてますね。

イケハヤ:SEOでは何を意識してますか?

りっくん:以前はやぎぺーさんのブログを研究したり、最近だとマナブさんのブログを分析したりしています。そこからキーワードを決めて、検索結果の上位10記事を確認した上で記事を作成しています。

イケハヤ:内部リンク対策は?

りっくん:内部リンクはそこまで力を入れて設定していないので、もう少し手を加えれば、まだまだ伸びる余地があるかなという感じです。

りっくん:それ以外では、自分で撮ったオリジナルの写真を使うようにしています。初期の頃はフリー素材も使ってましたけど、今は1枚も使っていないです。
フリー素材を使っちゃうと、やっぱり他のブログとぱっと見変わらなくなってしまうので。

イケハヤ:基本はSEOから流入をとって、コンバージョンさせて、あとはSNSも頑張ると。

りっくん:そうですね。

イケハヤ:Twitter以外だと何をやってます?

りっくん:YouTubeを使ってるんですけど、まあTwitterがメインですね。

Image13

りっくん:最近は、今このインタビューの様子を撮っている「OSMO POCKET」の動画とか写真を試しながら撮ってみて、レビュー記事に埋め込んだりしています。動画にもしようかなとも思ってます。

イケハヤ:しっかり「OSMO POCKET」のレビュー記事を書いて検索順位の上位をとれたら、そこからバカ売れするでしょうね……!

りっくん:レビュー系の記事は比較的得意なので。

イケハヤ:なるほど、いやぁ正統派ですね。すごいな……。

就職活動やアルバイトについて

イケハヤ:これから就職活動はやるんですか?

りっくん:いやぁ、今のところ特に予定はなくて……。

Image7

イケハヤ:やる意味ないですよねぇw

りっくん:アルバイトとか、すごく簡単な仕事でも憂鬱になっちゃうタイプなので……。

イケハヤ:そりゃあ、30万円稼いだらバイトする必要ないですね!

りっくん:まぁそうですね。ブログばかり書いていて、3〜4ヶ月間バイトをしていなかったら、気づいたときには名簿から名前が消されていたんですよ!(笑)それでスムーズにクビになったという……(笑)

イケハヤ:いいんですよ! そんなのw ブログ書いたりYouTubeやったほうが、よっぽどいいと思います。

りっくん:間違いないですね。

これからの目標について

イケハヤ:これから先の目標は何か考えてます?

りっくん:どちらかというと、アフィリエイターというより完全に「ブロガー」というスタンスでやっていて、他の人みたいに何かのジャンルに特化するよりは、今までどおり自分が経験したことをコンテンツにしていこうと思ってます。
昔ちょっとだけYouTubeをやっていたことがあったので、その経験を活かしてもう一度YouTubeを始めようかなと思っています。

イケハヤ:じゃあ、今年はブログを書きつつYouTubeも?

りっくん:そうですね。

イケハヤ:いやぁ、いいですね。しっかり攻め方をわかってますね! 頭いいなあ。そのやり方は外さないと思います。あとは自分のnoteとか、自社商品は作ってます?

りっくん:有料のnoteは何本か書いています。イケハヤさんにも何度かシェアしていただいたこともありましたね。運営報告だとかTwitter運用のやり方だとか、自分の中でたまったノウハウとか。
ブログに書いてもどうなんだろう?という内容をnoteに出したりとか。

りっくん:今後の目標は、ブログとYouTubeの本数を増やしつつ、noteのような自分の商品を作っていかないといけないなと思っています。Amazonとか他社商品に頼っているところがあるので、それだとちょっと危ないかなと。

イケハヤ:いやぁ〜頭良いね! これを読んでくれている皆さんわかります? 20歳ですよ?

もう「(笑)」ぐらいしか感想がでないわ!w それぐらい完璧ですね。「すごいですね」としか言えないや……。

Image5

イケハヤからのアドバイス

イケハヤ:別にアドバイスも何もするつもりはなかったですけど、実際に見て思うのは「もっと記事本数があれば、なお良いのに」という感じかな。

りっくん:その辺、自覚あります……。

イケハヤ:作業時間でいうと、普段はどんな感じで作ってるんですか? 今は大学に通いながら書いてる感じですか?

りっくん:今は休学申請して時間をとっている状況で、次のタイミングから休学期間に入る予定です。

イケハヤ:なるほど。

りっくん:記事に関しては、すごく調子がいいときは、朝歯を磨いて、最初にブログを書いたら、次にYouTubeを撮影して、今度はその編集をして……と。「これが終わるまで他のことをしない」って自分で制限を設けながらやっています。

イケハヤ:1日で記事をつくる時間はどのくらい確保してますか?

りっくん:人に会う予定がなければ、朝起きてから、夕方とか夜までぶっ通しでやってます。休まずに続けてしまうので、体調を崩しがちなんですよね……。

イケハヤ:難しいですね、その辺は。

りっくん:そこは課題ですね。淡々と作る能力がまだなくて……。

イケハヤ:なるほど。ぜひ、安定して記事を生産できるリズムを作った方がいいですね。

毎日更新の大切さについて

イケハヤ:やっぱり、YouTubeは毎日更新するのが重要じゃないですか。視聴者的にもYouTubeのアルゴリズム的にも。YouTubeはそこをチェックして評価している可能性が高いので、毎日コンスタントに更新できる方が、ビジネス的には強いですよね。
マナブさんとかは毎日更新ですよね。まあ、ぼくもそれができるタイプですが。そこが、じゃあ課題というか?

イケハヤ:そうですね。今の質というか、自分のリズムを保ったまま、本数を増やせれば伸びる確信があるので、あとは本数だけかなと。

りっくん:いやぁ、おっしゃる通り。

▲毎日更新を続けているマナブさんのYouTubeチャンネル

自社商品や単価について

イケハヤ:あとは自社商品。なるべく単価が高い商品を作ることでしょうね。自己批判も込めて言いますが、noteだとどうしても小銭を稼いでしまう傾向があるんですよね。
小銭稼ぎもいいんですけど、3000円の本をいくら売っても所詮は……みたいなところがあるので、高単価にする。
何だったら10万円くらいの高価格の商品でもいいんですよ。ユーザーにちゃんと価値を提供できればいいだけの話なので。ぼくは今年、特にそこの重要性を感じてます。

りっくん:なるほど。

イケハヤ:たとえば、参加費10万円の半日セミナーとか。一般的には「高い!」と感じると思うんですけど、ビジネスの世界だったら当たり前じゃないですか。法人向けの研修で1日10万円とか。「高単価で、顧客満足度の高い商品をつくる」というのは、うちの課題でもありますね……。
結局、同じ結論になるような気がしますね。アフィリエイト依存になって、Amazonアソシエイトの料率が下がるという話が出てきますし、SEOも厳しい。noteで小銭を稼いでも所詮、月商100万円、200万円みたいな感じで。そこから1億円、10億円作ろうとすると、当然ビジネスモデルを変えないとダメですね。

将来の目標としている働き方について

イケハヤ:将来的にはどういうふうに働きたいですか?

りっくん:そこまで大きな目標がなくて。マナブさんに近いかもしれないですが、マナブさんも月5万円で生活できていて、ぼく自身も今、実際に月5万円で大丈夫なくらい生活コストを下げています。このままコストを下げたまま、生活のことをあまり心配せずに、自分の好きなことで生きていけたらいいなと。

イケハヤ:もうそれ、できてるじゃん!w

りっくん:……た、確かに!(笑)

イケハヤ:ぼくはそこから先の話を聞いてるんですよ!

Image1

目標を100万円にしてはいけない理由

イケハヤ:なぜこれを聞くかというと、みんな100万円ぐらい稼ぐとモチベーションが落ちて、沈没していった若者をたくさん見てきたので。

りっくん:ああ〜。

イケハヤ:なんか、もったいないなって。結局は「目標設定」次第じゃないですか、そこって。だから100万円がスタートラインだと思っていれば、そこに到達してもモチベーションが下がることは基本ないわけで。
いやぁ、多いですよ。もったいないな〜と思いますね。もっとお金があったら面白いことができるし、せっかくやろうとしているのに、なぜそれを辞めちゃう若手ブロガーが多いんだろうって。

りっくん:今ふと思ったのは、ぼくはボードゲームが好きなので、人を集めてそれができる場所とか、環境づくりができると面白そうだなと思いました。

イケハヤ:いいですね! それだと数千万ぐらいのお金がかかるので、お金が必要。
今、月30万円ぐらいですよね? このまま続けていったら、1年後ぐらいには絶対月商100万円ぐらいに到達してるんですよ。

イケハヤ:でも、それは普通なんで!(笑)そこで満足しちゃいけないし、100万円いったら同じ努力で500万円までいけるんですよ。で、そこから先、500万円を1000万円にするのがちょっと難しい。

りっくん:壁があるんですね。

イケハヤ:今までのビジネスモデルだと、そこら辺に上限があるんですよ。なので、そこから脱却しないといけなくて。そこまでを考えると100万円で満足してないで、まだ先はあるよって!w

りっくん:めっちゃ“過程”ですね!(笑)

イケハヤ:ようやくスタート立ったのに、もう辞めるの?ってw そういう感じなので、頑張ってほしいなと思います。まぁでも、まだ20歳ですからねぇ。ヤバイですね……。

りっくん:でも、ぼくにはちょっと焦りがあるんですよ。19歳が終わるときに、もう「10代」というパワーワードは使えないなと思って。そこに頼らず自分を高めていかないといけないなと。

イケハヤ:ハッハッハッ(笑) 焦んないでいいですよ、別に。焦らなくても大丈夫な年齢だと思いますけどねぇ。

これから稼いでいくためにするべきこと

イケハヤ:記事本数を増やすことと、YouTubeをやっていくことを含めて、コンスタントにコンテンツを作っていく上で、自社商品を作る。まあ、もう道は見えてるんだよなぁ〜。

りっくん:やることは明確なので、淡々とやる中で自社商品も作っていくという感じですね。

イケハヤ:あとはそれをどれだけ「早巻き」でやるかという話ですね。課題が一緒やないかい!w

りっくん:(笑)

イケハヤ:結局、やるしかないんですよねぇ。もう、やるべきことはわかってるから。

りっくん:行動量ですね。手数というか。ツイッターとかでも言ってますもんね?

イケハヤ:たまに「魔法」が欲しくなるんですよ。なんか、これをやったら売上50倍くらいにならないかな〜ってw

りっくん:イケハヤさんでもそういうこと思うんですね!

イケハヤ:……だけど、残念ながらそういう訳にはならないので、大人しくやるしかないですね。結論は「淡々とやるしかない!」ということでございますね!

以上!

今回の動画も無料で見れるイケハヤ大学はこちら!
イケハヤ大学

りっくんのアカウントはこちら!
Twitter:りっくん|瞬間男子
りっくんのYouTubeチャンネル