なんとなく手にとった本が当たりでした。

こういう体験嬉しいですよね!

これタイトルでちょっと損してる系なので、一部引用させていただきます。

その潮流とは、等身大カリスマの誕生から、教祖消費ともいうべき流れであり、そしてビジネスの構造を変える人生のDIY化である。

現代では、スマホを手放すことが出家で、電波を断つことが修行と考えられている。

しかし、実際には違うかもしれない。

スマホで特定の個人をフォローし、その「つぶやき」たる教義を読み続けることが出家で、電波を断ってリアルなイベントに参加することが、その世界観に近づくための修行なのかもしれない。

教祖は、教義だけではなく、新たな聖書としての通貨を発行しだすだろう

円は日本政府が信頼の根拠にある。何かを信じる、という特性上、通貨発行ほどふさわしいものはない。

良くも悪くも、自分の人生を、仮想であったとしてもDIYによって自在にデザインできるようになる

リアルなカリスマになるか、VRでの素晴らしき人生を生きるか。もしこれを批判するひとがいれば、それは、もはや批判者にとって可能な価値観の想像の範囲を超えた、としかいいようがない。そして、仮想空間以外に、すでに信じられる価値をもっているからだ、としかいいようがない。

……くっそ面白くないですか!

ここらへんはむしろ「おまけ」的なパートなんですが、いちばん面白かったです。

本編も示唆に富んでおり、驚きと興奮に満ちているんですが、やっぱり未来予測はいいですな〜。


イケハヤもまた「教祖消費」の経済に取り組んでおり、これはまだまだ伸びるとも思っています。

オンラインサロンとか、依然としてマイナーですからねぇ。3年後にはさらにポピュラーな課金ポイントになっているはず。

その流れを感じるためにも、どうぞ脱社畜サロンをご利用ください(月額3,000円)。

スクリーンショット 2018 11 06 13 42 24

宣伝が入りましたが、いい本なのでポチッとどうぞ。

データがふんだんで、知らない事実もたくさん収録されていました!