イケハヤが実際に身銭切ってる運用商品について、ざっとまとめてみようと思います。

運用の幅を広げたい方はぜひ。


リスクを取ってます。

投資のメインはインデックス投資(つみたてNISAiDeCo)やウェルスナビなのですが、これらはリスクが小さい代わりに、リターンも小さいんですよね。

イケハヤはまだ若いし、資金を失ってもまた稼げばいいだけなんで、がっつりリスクを取りに行ってます。

具体的にいうと、レバレッジが掛かる商品に500万円ほど投資しています。内訳はこんな感じ。

端数は切ってます。ポートフォリオ全体では1/3、だいたい500万円を目安にレバレッジ商品に投資してます。


これらは総じてリスクは高めで、リーマンショック級の大変動が来るとロスカットで資産が失われる可能性があります

が、その代わりにリターンは大きめで、年率10〜50%を超えるパフォーマンスが期待できます。

ある程度の暴落は想定して運用してますが、強烈な暴落が来ないことを祈りながら運用してます。


1. ハイリターンを狙える「トライオートFX

まずはもっともリスクを取っている「トライオートFX」。

こちらは200万円の元本で運用しています。

トライオートFXは、特に「レンジ相場」に強い自動売買サービス。

自動売買なので、放置プレーでチャリンチャリンと稼げます。

特にハイリターンが狙えるのは「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」という設定。

13万円と少額から設定できるんで、初心者にもおすすめです。

リターンは驚異の……4年で3倍!凄まじい……。

7e7f53d9

豪ドル/NZドルはレンジを形成しやすいので、コアレンジャーがドンピシャでハマっているわけですね。

運用初期は赤字が続いてましたが、5ヶ月目に入り、安定的に黒字になってきました

成績は随時、以下の記事にアップしてます。

関連記事:【クチコミ】自動売買「トライオートFX」の始め方。成績・設定も公開中!


レンジ相場に強い商品なので、大きな相場変動になるとロスカットのリスクが出てきます。

リーマンショック級のが来たら……200万飛ぶかも?w

今のところ順調なので、なんとか稼ぎきってほしいですね〜。

トライオートFXを始める


2. 唯一無二の兄弟サービス「トライオートETF

トライオートFXの兄弟サービス「トライオートETF」。

こちらは世にも珍しい、ETFの自動売買です。

ナスダック指標なんかをレバレッジかけて、自動売買できるんですよ。同種のサービスは今のところ存在しない、インヴァスト証券だけの独自商品です。


ここ最近は株高が続いていることもあり、リターンは良好。

「ナスダック100トリプル_ライジング」という設定はハンパないっすね〜。

スクリーンショット 2018 10 08 15 51 33

インデックスと連動するので、大きく株価が下落すると、ロスカットのリスクが出てきます。

株高がどこまで続くかわからないですが、今始めるのはリスクが高いかも……?少額でチャレンジするのをおすすめします。


トライオートFXの口座があれば、こちらも追加申し込みなしで利用できます。FX/ETFで予算を分散させて投資するのがいいでしょうね。


3. 自動売買の定番「トラリピ」。

FX自動売買は、もう1業者使っています。

一通りの業者で口座を開設したのですが、触ってみて使い勝手が良かったのが「トラリピ」。自動売買では定番的な業者ですね。

スクリーンショット 2018 10 08 15 55 05

以前は手数料が掛かっていたのですが、最近になって無料化しました。自動売買はこれから盛り上がる予感がするので、力を入れてきているんでしょうかね〜。

イケハヤは「トライオートFX」よりもマイルドな設定を作り、放置しています(米ドル円のみ)。

始めたタイミングがよくて、大きくプラスが出ていますね。

スクリーンショット 2018 10 08 15 56 51

設定と成績は以下の記事で公開しています。

関連記事:【クチコミ】自動売買FX「トラリピ」の設定&成績を公開。


トライオートFXとはまた違う魅力があるので、こちらも開設しておくと分散効果が期待できるはずです!

トラリピを始める


4. コツコツ金利収入「スワップ投資」。

FX部門では、金利目的の長期投資もやっています。いわゆる「スワップ投資」ですね。

通貨は「豪ドル」「カナダドル」「ポーランドズロチ」でやっています。南アランド、メキシコペソも買い時を探してます。

リターンはレバレッジ次第ですが、年率10%程度の運用を目指しています。

現在の成績や利用している口座は、以下の記事にまとめてます。

関連記事:年率10%も狙える「FXスワップ投資」の始め方。おすすめ通貨ペア、レバレッジ、利回り、成績を公開!


5.長期投資の「株価指数CFD(くりっく株365)」。

かな〜りマニアックですが、これけっこういいんですよね。

株価指数CFDは、ざっくりいうと「レバレッジを掛けてインデックスファンドが買える」仕組みだと思えばいいでしょう。

レバレッジを掛けることで資金効率がよくなり、高い配当利回りが期待できます。

イケハヤは「FTSE100」という指数を買っています。

買い時が悪くて赤字ですが……配当はじわじわ貯まっているので、時間とともに黒字になるでしょう。

指数が暴落をしたら追加で購入する予定です。

こちらもトライオートFX(インヴァスト証券)の口座があれば運用できます。

スクリーンショット 2018 10 09 7 33 10

SBI証券なども対応しているんで、すでに利用している口座がある方は「くりっく株365」があるか確認してみましょう。


守りを整えたら、レバレッジ投資も。

インデックスファンドを淡々と買い続けるのもいいんですが、それだけだとリターンは小さくなるし、何より退屈なんですよねw

「投資は退屈なくらいがちょうどいい」とはいいますが……数字がチャリンチャリン動く楽しさも、やっぱり投資の楽しさだと思うんですよね〜。

というわけで、ベーシックな資産運用の体制を整えたら、ぜひFXなどのレバレッジ商品にも挑戦してみましょう。

リスクとの向き合い方を研究するのは楽しいですよ〜。

関連記事:初心者向け、ローリスクで借金しない!FXの始め方&おすすめ口座まとめ。