投資初心者にもおすすめできる、ローリスク・ローリターンな投資についてまとめていきます。


ハイリターンを狙うことだけが投資ではない。

初心者が誤解しがちなのは、投資というのは、常にハイリターンを狙う必要がないということ。

個人のライフステージ、あるいは相場環境によっては、あえてローリスクな道を進むことは十分にありえます。


かくいうイケハヤも、現在はローリスクの極みである「現金」の比重を厚くしています。

そろそろ株価暴落&円高が来る気がするんですよね。

円高が一気に進んだら、インデックスファンドや豪ドルをごっそり買って、リターンを狙いにいきます。


というわけで、ローリスク・ローリターンな投資についても理解を深めましょう!


【利回り0.1%】楽天銀行普通預金

投資のなかでは最強にローリスク・ローリターンといえる「普通預金」。

もちろん元本は保証されるので、目減りすることはありえません。なんせ預金ですからw

大手の銀行ではろくに金利が付きませんが、楽天銀行は条件を満たせば「0.1%」の金利が付いちゃいます。

スクリーンショット 2018 10 02 10 26 33

500万円預けていたら、5,000円の利息になるわけですね。

「めっちゃ増える」という感じはしませんが、メガバンクなどに比べれば断然有利です。

ランクに応じて振込手数料も無料になるので、どうせ現金を置くなら、楽天銀行がおすすめですね〜。

スクリーンショット 2018 10 02 10 30 02

さらにいえば、楽天銀行は楽天証券と連携させることで、放置でポイントがザクザク貯まるようになります。

預金を置いておくだけでそれなりの金利が付き、しかもポイントまで貯まる。

んでもって、貯まったポイントは投資信託の購入に使えます。

圧倒的に条件がいいので、イケハヤは楽天銀行+楽天証券を愛用しております。

関連記事:【クチコミ】楽天証券&銀行をフル活用!ポイント投資術まとめ。


【利回り2%】レバ1倍で豪ドル投資。

預金より高い利回りを、小さなリスクで狙いたいなら「レバレッジ1倍で外貨を買う」のも選択肢です。

世の中には「外貨預金」という商品がありますが、外貨預金は情弱向けなのでおすすめしません。

外貨預金やるなら、ほとんど同じ意味を持ち、コスパがいい「レバレッジ1倍FX」を強くおすすめします。

関連記事:豪ドルの外貨預金は情弱向け。ヒロセ通商でレバ1倍でスワップ投資をしよう。


ロスカットのリスクがない「レバレッジ1倍」で豪ドルを保有すると、概ね年利2%程度のリターンが期待できます。

外貨なので値下がりリスクはありますが、豪ドルは安定性も高く、長期で見れば円安が進みそうなので、イケハヤも長期保有前提で購入しています。

利回りは以下の記事で計算してます。おすすめの業者は「ヒロセ通商」一択ですね。

関連記事:ローリスク・ローリターンでFX投資!レバレッジ1倍で豪ドルを保有すると、利回りは約2%です。


基本は日本円で。

ローリスク・ローリターンを狙うという観点では「債権」「金」あたりも選択肢に入ってきます。

が、調べてみた感じ、手を出す必要性はそんなにないかな……という判断です。

あんまり手広くやるのは、管理も煩雑になりますしね。

全自動で運用してくれている「ウェルスナビ」が、勝手に債権と金を買ってくれてるんで、まぁそれでいいかな……という感じです。

スクリーンショット 2018 10 02 13 07 43

大暴落に備えるという観点では、やはり現金がシンプルで最強です

とりあえず楽天銀行に入れておけば、0.1%金利もらえますしね。

巨大な資産を運用しているわけでもなし、凡人はこれでいいんじゃないかな……。


世界的な不況時には円高になる傾向があるので、貯め込んだ日本円は、暴落時に資産として生きてくる可能性も高いです。

次にリーマンショック級の大暴落が来たら、がっつり日本円を放出する予定です。リーマンショックから10年なんで、そろそろ怖いですね……。


ハイリスク・ハイリターンな投資手法もまとめてます。

という感じで守りも入れつつ、同時にハイリスク・ハイリターンなところも狙ってます。投資の醍醐味ですねw

利回り50%も狙える投資商品をまとめてます。イケハヤも自腹で運用中です。合わせてどうぞ!

関連記事:【2018年版】成績も公開!おすすめのハイリスク・ハイリターンな投資手法まとめ。