最近ウェルスナビへの批判?をちらほら見るんで書いておきます!


手数料1%は高いのか?

スクリーンショット 2018 09 24 13 25 39

素人でもいい感じに運用ができるロボアドバイザーの「ウェルスナビ」。

最近ユーザーが増えているのもあり「手数料が高い情弱向けサービスだ」という批判を見かけるようになりました。


そんな批判もありますが、イケハヤは普通におすすめできるサービスだと考えています

まず議論になる手数料について。

ウェルスナビは「年率1%」が基本です。

100万円運用したら、年間1万円の手数料が掛かるということですね。

ちなみに手数料は長期利用で割引され、0.9%まで下がります。概ね、5年くらい継続すると0.9%になる感じですね。

スクリーンショット 2018 09 24 13 10 08

0.9〜1.0%というのは、投信の世界では「安くはないけど高くもない」といえる、許容範囲の水準だと考えます。

たとえば、楽天のNISAでもっとも人気の「ひふみプラス」は「1.05%」です。

スクリーンショット 2018 09 24 13 13 30

もうちょい高いものだと、1.69%くらいの手数料水準です。人気8位のファンドです。

スクリーンショット 2018 09 24 13 26 54

安いものでは、イケハヤも買っている「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は「0.117%」ですね。

スクリーンショット 2018 09 24 13 14 15

現在主流の投資信託は、概ね「0.1〜1.5%」の手数料がかかる状況です

ひふみプラスの人気と実績を考えると、ウェルスナビが「手数料の高い情弱向け」というのは酷だと思いますね〜。

初心者がここから始める分には、十分許容できるコストだと考えます。

実際、十分黒字化するだけのパフォーマンスは出ていますし。

むしろ、イケハヤが投資しているなかでは1番パフォーマンスがいいです……w

スクリーンショット 2018 09 24 13 18 22

初心者はここから。

今のポートフォリオは、こんな感じです。

スクリーンショット 2018 09 24 13 19 03

特に何もせずとも、株、債権、金などをいい感じに買ってくれています。その結果、10%近いパフォーマンスが出ています。

イケハヤがそうであったように、ウェルスナビを入り口に投資を学ぶのがいいでしょう。

「手数料が低い投信もある」ということは、勉強していけば気づきますから。

ウェルスナビを始めて1年9ヶ月、今ではだいぶ詳しくなりました。FXにも手を出してるくらいですから!

関連記事:初心者向け、ローリスクで借金しない!FXの始め方&おすすめ口座まとめ。


それもウェルスナビという最初の一歩があったからです!

これだけ使い勝手のいい初心者向けサービスは「ウェルスナビ」と「THEO」くらいです。

投資教育がほとんど行われていない日本において、これらを「情弱向け金融商品」とdisるのはひどい話だと思うんですよね〜。

というわけで、これから資産運用を始めたい方はウェルスナビからどうぞ。

イケハヤの運用成績は随時この記事で公開してます!

ウェルスナビで資産運用を始める