新コーナー「ICOウォッチ」の配信です!ブロックチェーンを活用した最新のICOプロジェクトの情報をお届けします。

[コンテンツ提供:ICOBox]


インドの自治体がブロックチェーンで出生証明書の発行を開始!

Lynked  2最近、インドの政府機関の一部で、

Lynked.Worldの画期的な新しいプラットフォームを採用した市民活動やIDプロセスの簡素化が進められています。

オランダのホーフトドルプを拠点とする同社は、日常的な、市民、雇用主、高等教育管理者、および政府のためのブロックチェーンID検証ソリューションを提供しています。

すでにこのアプリは、App StoreやGoogle Playから誰でも利用可能です。


Lynked.Worldは、ユーザーがピアツーピアネットワークを介して個人、教育、および専門的な情報をデジタルに検証できる、ブロックチェーンベースのテクノロジーです。

ユーザーは自己のデジタル情報の完全な管理が可能で、必要に応じて将来の雇用主、教育機関、または企業と簡単に直接重要なIDデータを共有することができます。

一旦プラットフォームのデータ識別プロセスを完了すると、ユーザーは、シンプルでユニークなQRコードを介して、検証済みのデータを使用することができるようになります。

このアプリは、人々が自己のIDデータを便利で安全に所有し管理すること、また特定の場所に物理的に居合わせる必要なく、デジタル認証されたIDデータと文書を他者と共有することを目的としています。


インドの一部政府機関は、住民のニーズを一層満たすために住民と政府との関連性を強め、同時にID認証を合法的に行うことが可能なエコシステムの採用がいかに重要であるかを認識しています。

例えば、最近では、西ベンガルのDurgapur自治体やBankura自治体などの一部の自治体が、市民が出生証明書などの書類を迅速に申請できるように、管理機能にこのプラットフォームを統合しました。

人口350万人を抱えるBankuraには、市民に効果的にサービスを提供するためのIDプロセスの単純化が不可欠です。


Lynked.Worldの創設者兼CEO、アルン・クマール氏は、このプラットフォームによって、政府によるサービスの提供が、より効果的で費用対効果の高いものになると述べています。

また、

「デジタル認証されたIDデータは、データ管理の未来の姿です。

現在のシステムは、あまりにも面倒です。ある人が、サービスを受ける権利を持つ市民かどうかを自治体が識別するための唯一の方法は、その人のIDを手元に置いて目の前に本人を連れてくること以外にありません。

弊社のプラットフォームは、デジタルID、データ、および文書の完全な真正性を保証するために、多くのセキュリティ層を提供することにより、このような問題を解消します。

インドのような人口密度の高い国では、このシステムが市民や地方自治体の各種プロセスをより簡素化しスピードアップさせ、ひいては管理費や手数料の節約につながります」

と主張します。

[コンテンツ提供:ICOBox]