グランピングが気になるので遊びに行ってきました!


京都・るり渓にグランピング施設が!

12泊13日の家族旅行をしてきました。「ホテルと旅館にも飽きてきたので、今話題のグランピング施設に泊まろう!」ということでリサーチ。

京都の「るり渓」エリアに「GRAX」という施設を発見したので、早速足を運んでみました。

場所はここらへん。京都の山奥です!

スクリーンショット 2018 08 05 7 28 39

「コンフォート」テントに宿泊。

予約したのは「コンフォート」というグランピングテント。

スクリーンショット 2018 08 04 10 58 52

ほんとうはトレーラーハウスに泊まりたかったのですが、あいにく満室!人気なんですね〜。他にも大きめのコテージ、小さいキャビンもありました。

スクリーンショット 2018 08 04 10 58 11

気になるお値段は12,000円から。

スクリーンショット 2018 08 04 10 59 08

これに加えて5,000円の食事代、700円の入浴料金がかかります。食事の注文は必須で、素泊まりはできません。

スクリーンショット 2018 08 04 11 00 43

実際どう?

家族5人(大人2人、幼児3人)で一泊してみた感想をまとめます!

  • テントなどの準備が不要なのはいいが、火起こしや調理・片付けは割と疲れる。
  • 夏の日中はかなり暑い!テント内はサーキュレーターのみなので、テントの中でのんびりするのは無理。
  • 夜は寒いくらいまで冷えます。布団はありますが、上着あったほうがいいかも。
  • 隣の温泉施設がかなり遊べるので、天候が悪くても大丈夫。
  • 素泊まりできないので連泊には不向き。
  • 食事メニューは割と画一的(特に肉やパン)。地元野菜が楽しめるのはいいですね!
  • ゴミ捨て、布団シーツの装着などセルフサービス部分が多く、あんまり休めないw

あえて辛口にいうと……「グランピングだしもっとラクかと思ったけど、普通のキャンプとそう変わらない」という印象です。


割とセルフサービス。

上でも書いてますが、セルフサービス部分は想像以上に多いです

特に、布団のシーツ敷きはやってくれておいてもいいのでは……?細かいようですが、あれけっこう疲れますよねw

ゴミ捨てについても、初回利用だったので「どうやって分別するんだろ?」「どこに捨てればいいんだろ?」など、軽く戸惑いました。


長旅で疲れ切ってチェックインしたのもあり、料理の準備・調理・後片付けは普通にしんどかったですw

火起こしなしで簡単に調理できるメニュー用意するか、オプション料金でプロが調理してくれたりするといいかもですね!

コスト削減のためなんでしょうけど、「グランピング」ということなので、もう少し値段上げてもいいのでそこはやってほしいかもな〜……と思いました!


連泊には向いてない。

あと、せっかくなので連泊しようと思ったのですが、素泊まりができないとのことなので諦めました。

料理のバリエーションが実質2種類(BBQプラン、カレープラン)しかないので、3泊目以降は同じメニューの繰り返しになるんですよね。

なお、朝メニューは一種類(ホットサンド)だけなので、毎日同じになるっぽいです。


GRAXに4泊くらいして、のんびりと京都の山奥を楽しみたいな〜とか思ったのですが、現状の食事メニュー構成だと微妙になっちゃいますね。


オプション料金で素泊まりできたり、提携レストランで食べられたり、サイトで地元食材を買えたりすると、連泊がやりやすくなるのでいいですね!


利用する価値あり。

と、少し辛口になってしまいましたが!

普通にキャンプを楽しむと考えると、コスパも利便性もグッドです。

下手なホテルや民宿に泊まるのなら、こっちに泊まったほうが満足感は高いはず。

特に周辺施設が充実しているのはいいですね。次回は温泉でのんびり過ごしたい……。


旅行は楽天トラベルで。

最近はすっかり楽天経済圏に取り込まれており、必ず楽天トラベルを使ってます。

楽天トラベルなら、1〜10%のポイントが付くんですよ。長期旅行をすると、数千円分のポイントがサクッと貯まります。

んで、そのポイントは楽天証券で投資に回すことができます!これ、なかなか破壊的なんですよね〜。

関連記事:楽天証券&楽天銀行を活用して「ポイント資産運用」を始めよう!


旅をしてポイントを貯めて、コツコツ資産運用。目指せ運用資産10億円でがんばってます。先は長いが、人生は楽しい!

関連記事:【生データ】イケハヤの運用資産、1,500万円を突破しました。