スクリーンショット 2018 08 02 6 19 16

新卒で入社した若者は、配属される部署を自分で選べない問題。

新入社員として入社した場合、自分の価値観を尊重して持ち味を引き出し、成長にコミットしてくれる「SR級」のスーパーボスのもとに配属されるか、価値観を押し付ける「ハズレ」なダメボスのもとに配属されるかは、実質「ガチャ」のようにほぼ運で決まり、「ハズレ」を引いた新入社員は一定の割合で早期の退職を余儀なくされるのです。

「最初の仕事はくじ引きである」新卒配属ガチャ問題をどう乗り越えるか?


これほんとひどいですよね〜。なんでそこ選択権ないの?って感じ。

クソ上司に当たったら終わりじゃないですか……。

実際、そうやって潰されてしまった若者をけっこう見ています。


リセマラ(リセットマラソン)ができるわけでもなし、一度ハズレ引いたら終わり。

場合によってはうつ病、もっとひどいと過労死……。まったく笑えません。


ハズレガチャ引いたらもうどうしようもないので、さっさと会社やめるしかないですね

今は「ウズキャリ」のような、第二新卒向けの転職サービスも発達してますし。


「仕事内容」と「上司」を選ぶのは、若手こそ重要だと思いますけどねぇ。

新卒ガチャとかやってるから、いつまでも日本の企業はダメなんじゃないかな、マジで。


若手サラリーマンのみなさんは、副業をがんばって、人生の選択権を得られるようになりましょう。

この本よく売れてるので、よかったらどうぞ。

関連記事:副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜