こんにちは、ブロガーのイケハヤです。

ぼくが東京を捨てて高知の山奥に住むことに決めたのは、2014年。

その理由は、言うまでもなく「東京は消耗するから」。

移住してからは、東京時代の100倍生産的な人生を過ごすことができており、会社の売上も右肩上がり。

2017年は、売上1.5億円を記録しました。限界集落でがんばってます。

さて、そんなぼくが、いまだに東京で消耗しているあなたに、いくつかの真実を伝えたいと思います。

この記事が、あなたの人生を変えるきっかけになれば幸いです!


1. 今の時代、仕事はどうとでもなる。

#本山町 は雪。

イケハヤ@意識高い投稿さん(@ihayato)がシェアした投稿 -

(わが家からの景色@冬)


東京を捨てて、仕事はどうすればいいの?イケハヤはブロガーだから、どこでも食べていけるんだろうけど……

なんて声は、このブログをはじめて100億万件くらいもらってきました。

いやいやいや、あなた。

今は何世紀ですか?

21世紀ですよ!

もう平成も終わるんですよ!

いつまで昭和引きずってるんですかw


これ別にポジショントークとかではなく、ふっつ〜に、仕事はどうとでもなりますから

なんならブログやればいいんじゃないですか?

ゼロから立ち上げても、ビジネスセンスがあり、相性もいいなら、月20〜30万なら稼げますよ。

今すぐやりましょうよ。コストゼロでできますから。

ご近所の夫婦ブロガーのちゃちゃこさん&ちゅんすけさんは、がっつり努力して、ブログで生計立ててます。

彼らは別に、一般的には有名じゃないですよね。


でも、ブログで稼いでるんです。こういう人たちは、もう珍しくないんですよ〜。ゴロゴロいます。


ブログ以外にも「クラウドワークス」あたりでがっつり働けば、月10〜15万くらいは稼げます。もちろんネット完結です。

ライティングが一般的ですが、それ以外の仕事もたくさんありますよ。

実際にいくつか受注してこなしてみれば「あ、たしかになんとかなるかも」と思えるはず。疑うなら、さっさとやってみてください!


より高単価で仕事がしたければ、「テックアカデミー」あたりでプログラミングを学んで、フリーエンジニアとして生計を立てるのもありでしょう。

テックアカデミーなら今話題のブロックチェーンについても学べますよ!

スクリーンショット 2018 07 17 9 27 05

「そんなの無謀じゃね?簡単にエンジニアになれるの?」とか思ってしまう人は、そもそもあんまり地方移住に向いてないんですが、そういう人は実際たくさんいますよ

うちの元ご近所さんにも「若い頃から田舎暮らしをしたくて、手段としてエンジニアになりました」という人がいます。

彼はガチの山奥に移住し、今はエンジニアを卒業し、のんびり楽しく暮らしているようです。


あと、現地に入り込めば、仕事なんていくらでも転がっています。

地方=仕事がないとか、完全に勘違いですよ。

よほどこだわりがなければ、「仕事がなくて困る」ということはないでしょう。


……というイケハヤの話を聞いて「そうなんだ。まずはクラウドワークスあたりで仕事やってみようかな」と思える人は、東京を捨ててもぜんぜんやっていけるでしょう

一方で「こんなのはしょせんイケハヤのポジショントークだ。凡人がマネをしたら死ぬ」とか思っちゃう人は、東京という大都市に依存して生きるしかありません。チーン。

それはそれで厳しいけど、まぁ、ベーシックインカムがいつか助けてくれるんじゃないでしょうかね……。消耗しながら、がんばってください!


2. 田舎は千差万別。

みんなで調理。山から採れた山菜たちです。#本山町

イケハヤ@意識高い投稿さん(@ihayato)がシェアした投稿 -

(集落のイベント)


でも、田舎って村八分とかになるんでしょ?

……という江戸時代みたいな人はヤバいっすね!どっから来たでござるか!?

そりゃあ、調べてみるといっぱいその種の話はありますよ。リンクしておきましょう。

  • 僕の田舎に若者が移住して3年!彼は"失敗した"と後悔中だよ - トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ
  • 田舎移住失敗!家と家族と金を失う結果になる - 節約時間セレブ
  • 地方移住に失敗した人たちが語る、田舎暮らしの“影の部分”(2015年4月3日) - エキサイトニュース(1/4)
  • こうした失敗談を聞いて「田舎移住は危険だし非現実的だ」とか思い込んでしまう人は、まぁ、東京で一生消耗していてください。チーンチーン。


    田舎なんてものは、ひとくちに語れるものじゃないです。めっちゃ多様なんですよ。

    イケハヤが住んでいるあたりでも、ぼくみたいな変人を受け入れてくれる場所もあれば、それこそ村八分になる場所もあるでしょう。

    なまじ田舎で育った人ほど「田舎は閉鎖的だ!オレが生まれ育った村はひどかった!」みたいなことを言いがちです。

    が、これは完全に多様性を無視している意見ですよね。過去に囚われた人々の意見です。


    この話はファイナルアンサーが用意されております。

    ようするに「自分の目で見て、頭で考えて、いい場所を自己責任で選べ」ということに尽きるんです。


    これって、転職と一緒なんです。

    クソみたいな会社に就職してしまう人、たっくさんいますよね?

    でも、ブラック企業だったら辞めりゃあいいんですよ。

    で、その反省を生かして、自分にふさわしい場所を選び直せばいいだけ。

    ザッツライト!移住も一緒です。


    3. 地方都市は天国。

    久しぶりにやいろ亭の塩タタキ。うはは。原点ですな。#高知

    イケハヤ@意識高い投稿さん(@ihayato)がシェアした投稿 -

    (高知市名物・カツオの塩たたき)


    そもそも田舎で暮らしたくないんだけど……たしかに消耗するけど、私は便利な都会が大好きなんだ!

    ……という声も10億万回は聞きましたね。

    いや、別にぜんぜん否定しないし、それはそれでいいと思います。

    が、こういう人には「地方都市の暮らしはすばらしい」ということも伝えたいですね。

    「東京が捨てられない」という人に、もっともおすすめなのは「福岡移住」。

    これはもう、異論はないでしょう。

    福岡市近辺は日本でもっともコストパフォーマンスがよいエリアです。

    都市文化も発展しているし、うまいものも死ぬほどあるし、自然も近いし、移動の便もいいし、それでいて家賃・生活費が安い!完璧かよ……という気分になりますw

    言うまでもなく「村八分」にあうことはありえません。地方「都市」ですからね。

    村八分的なものが発生するのは、人口5,000人以下の町の、人口100人程度の山奥の集落です。


    イケハヤも福岡移住を考えていたのですが、便利すぎるからやめたくらいです。

    ぼくらは別に便利な暮らしがしたかったわけではないので……。どうせ住むなら、不便な方が面白いと思うんですよね。


    ぼくらは高知市にも住みましたが、ここも最高でした。すばらしすぎたので、もっと山奥に移住したわけですねw

    関連記事:高知市に移住するなら「万々(まま)」エリアがオススメ!住んでみてわかった6つのメリット


    田舎への移住に関心がない人でも、福岡を代表とする「地方都市」への移住は、かなりおすすめできます。

    1〜2週間滞在するだけでも、東京が不便な町であることに気づきますよ。

    地方都市は仕事も潤沢にあるので、そこらへんも魅力ですね。「ワークポート」は福岡・関西圏の移住転職に強いのでおすすめです。


    4. 田舎なら、もっとクリエイティブに生きられる。

    (夕暮れの散歩)


    イケハヤが地方都市ではなく限界集落を選んだのは、こちらのほうが創造的に生きることができるからです。

    都市って、なんでもあるんですよ。別に自分ががんばらなくても、不自由なく生きていけますよね。

    田舎は違います。めっちゃ不便。今日も道が崩壊したので、それを直すための作業です。いやー、しんどいですよw

    インフラ的なところでは、電気や水道も、自分で敷設することになります。オフグリッドでやりたいけど、バッテリーが品薄なんでかなり悩んでます……電柱立てたくないんだけどなあ。

    その他いろいろと不便はありますが……でも、だからこそ面白いんですよ。

    普通、自分で道は作らないじゃないですかw

    田舎は一人あたりのスペースも広いので、他人に迷惑を掛けることもありません。

    ぼくが買った土地は周辺1キロに人家がないので、どんだけ騒いでも大丈夫だと思われます。ぜいたくな環境ですよね〜。

    田舎は広大なキャンバスなんです

    そこに何を描くかは、あなた次第。自分の国を作ることだってできると思いますよ。

    ぼくはまじめに国造りをするために、この限界集落に拠点を移しました。50年後には国王になっていることでしょうw

    どうせすぐに死ぬ短い人生なんだから、せめて、何か爪痕を残しましょうよ。田舎というフィールドは、何かを産み出し、それを後世に残すにはうってつけですよ!


    5. 都市部の暮らしは、ますます厳しくなる。

    最後にこれ。東京のような大都市は、ますます厳しくなりますよ……。

    もはや統計を紐解くまでもなく、東京の格差は広がる一方です。

    お金持ちはさらにお金持ちになり、中流以下との差は広がっていきます。

    中流以下の暮らしが幸せかというと……すでに、そうではないと思うんですよね。

    若者が独身で生きるならまだいいですが、子持ちとか完全に無理ゲーの域。

    子育て世帯のサラリーマンが都心部に35年ローンなんて組んだ日には、もうゲームオーバーですよ……。起業家だったり、副業でばりばり稼いでいるなら別ですけどね。

    実際、東京に住んでいて「都心部はもっと暮らしやすくなる」と感じている人って、どのくらいいるんでしょうね?

    よっぽどお金がないかぎり、普通に生きていくのもしんどい感じになると思うけどなぁ……。満員電車もいつまで経っても解消されませんしね。


    ぼくはもう東京には未来を感じないので、地方で自分の拠点を作ることをはじめました。

    「お金」の効率で見ても、どう考えても田舎のほうが有利なんですよ。

    東京では1億円なんてものは鼻くそ以下ですが、限界集落でなら、1億円という大金はすさまじい価値になります。

    1億とはいわず、2,000万円も出せば豪邸が手に入りますからねぇ。

    中古物件買っていい感じにリノベしたら、500万くらいで十分収まりますよ。

    都心部で35年8000万とか借りてうさぎ小屋を買う意味とは……。


    イケハヤが考えるベストな人生設計。

    というわけで、頭がいいイケハヤはさっさと拠点を移したわけですよ。

    働く場所・暮らす場所は、自分の意思で選択する時代なんです

    これは、今までの時代とは違った常識かもしれませんね。


    イケハヤはこんな感じで人生を設計していこうと思っています。今の時代、これがベストだと思います。

    • 30代前半のうちに、限界集落に3,000万円くらいで家を建てる(現金一括)
    • 家賃負担をゼロにし、生活コストを大幅ダウン
    • ど田舎に引きこもってコツコツとブログ執筆。年商5,000万円を維持
    • 生活費を除いた余剰資金は、すべて資産運用に回す
    • 資産運用は年率5%の利益を目標にする
    • 40歳までに運用元本を1億作り、不労所得だけで食べていけるようになる

    ……という感じ!賢いと思いませんか?


    生活コストを下げ、ど田舎でコツコツ稼ぎ、どんどん投資に回していくのがキモですね。

    1億の元本は見えているので、おそらく数年以内に達成できるはず……。

    そうなると、不労所得だけでも毎年400〜500万得られるんで、だいぶ安心できますね。

    もちろん仕事も続けるんで、20年後には運用額は10億円くらいになっている……といいな〜。

    資産運用の「し」の字もわからない方は、こちらの記事をどうぞ。これからの時代、お金の勉強は必須ですよ!

    関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。


    まだ東京で消耗してるの?

    どうでしょう?

    「まだ東京で消耗してるの?」って感じじゃないですか?

    住宅ローンに縛られて、満員電車で消耗して、家族と引き裂かれて、その先には何があるんでしょう?

    決断するのはあなたです。

    勉強して、考えて、自分の道を見つけてください!


    イケハヤのツイッターをフォローする