スクリーンショット 2018 06 11 9 21 04

まぁ、未来のことは誰にもわかりませんけどね!

現状分析的には、イーサリアムはすでに他者を圧倒しています。ネットワーク効果があるので、エコシステムの成熟度の差は、さらに広がっていくでしょう。

トランザクション混みまくって使いものになりませんが、LoomやPOAのようなプロジェクト、PlasmaやShardingのような基礎的な技術開発も進んでます。

同時並行でDEXやクロスチェーン技術も発展しているんで、やっぱりイーサリアムが主流になると思うんですよね〜。


後発であるLisk、EOS、Cardanoあたりは厳しい戦いになるんじゃないかな……。

EOSは大量の資金があるんでワンチャンあるかもですが。


まだまだ黎明期なので、今は話題になっていないけれど、1年後には相当なポジションになっているプロジェクトも多数出てくるでしょう。

直近だと、Dfinity、Orchid、Origin Protocol、Basis、Carbonあたりは面白そう。ICO控えているTrustも化けるかも?

関連記事:【2018年6月】イケハヤ注目のブロックチェーンプロジェクトまとめ。


まぁ、ブロックチェーン自体がまだ十分に実用化されていないわけで、今の時点で悲観するのは時期尚早ですな。

イケハヤは淡々とZaifでETHを積立投資しております。これが2020年代に化けるはず!

ZaifでETHを積立投資する