スクリーンショット 2018 06 10 15 05 17

これいい記事ですね〜!生の体験談。

シェアリングコノミーだけで生活している、シェアリングエコノミー研究家の加藤こういちと申します。

シェアエコサービスを500回以上、25種類、340万円以上かけて使って、家や仕事、人間関係をシェアエコでまかなう生活を実験的に始めて1年。今回、シェアエコだけで本業レベルの収入を稼ぐに至った経緯、方法をお伝えいたします。

めっさ優秀なお方ですな……。しかも福井・鯖江に拠点があるとな!

自由に楽しく仕事して、月商40万円。時給は2万円とのこと。イケてる〜!

もちろんここまで至るのはラクな道ではないのですが、こういう生き方が可能になっているわけですな。

どうでしょう?優秀な若者のみなさん。大企業に就職しても、不勉強なおっさんだらけで消耗して目が死にますよ?こっちの世界きません?


最近は「ギグ・エコノミー」ということばが話題です。

「インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方」という程度の意味合いですね。

同じ会社の同じオフィスの同じ席で、毎日同じ上司や同僚の顔を見て、去年と同じような仕事をする。出社して座ってるだけで年収300万円。10年後には年収500万。給料は我慢料。

それじゃ人生つまんねーぜッ!!

……というのがギグ・エコノミーの気分なのでしょう。


イケハヤはどちらかといえば、ギグ・エコノミー側の住人です。こっちはいいですよ。変にお互いを縛ることがなくて。依存することも、されることもないです。自立した個人が、ギルドのように連帯し、楽しく効率的に仕事をする。不勉強なおっさんは誰一人いません。みんな、目が輝いてます。

いいでしょ?こっちに来ません?高知の山奥でお待ちしております。