スクリーンショット 2018 06 09 12 08 43

それじゃあ影響力が強い人が常に有利じゃん!」と思うかもしれませんが、そのとおりなんですよ。

だから、ぼくは影響力を拡大するために日々コンテンツを作ってるんです。

ツイッターが仮になくなっても、イケハヤはポストツイッター的なサービスに、フォロワー数をある程度引き継ぐことができるでしょう。

影響力が強ければ、業界の変化にも耐えやすくなるということです。


未来を畏れましょう。

10年前に今を想像できなかったように、今の時点で5年後を正確に想像することは不可能です。

影響力があれば、淘汰圧から逃れ、新しいチャンスに乗りやすくなる。

これだけは間違いがないので、淡々とやっていくしかないですね。

ぼちぼち年齢的にも厳しくなってきた感がありますが、がんばって生き延びます。