これ、なかなかいいんですよ!


トライオートETF に挑戦!

スクリーンショット 2018 05 23 10 25 52

ででーん。

100万円の予算で「トライオートETF 」の運用を始めました!

これは何かというと、ETFの自動売買です。

「ETFって何?」という疑問については、こちらをどうぞ。

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

ETFとは? | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

個別の銘柄ではなく「指数(インデックス)」に投資するということですね。

個別株投資よりもローリスク・ローリターンなので、入門者にはうってつけの商品です。


トライオートETF」は、そんなETFを自動売買できる仕組み。

取引時にはレバレッジ(5倍)を掛けるので、ハイリスク・ハイリターンの商品となっています。

レバレッジ5倍ということは、100万円入金すれば、500万分の資金量で取引できるということです。資金効率がよくなるので、小資本でも大きなリターンが望めます。もちろん、それだけリスクも高まりますのでご注意ください。


裏では普通にETFも積立で買ってるんですが、もうちょっとリスク取りたいので試してみました。

参考までに、リスクのイメージはこんな感じ。中級者〜上級者向けの金融商品ですね。投資全般がそうではありますが、資金に余裕がある人以外はやってはいけません!

FX>トライオートETF>個別株・仮想通貨>通常のETF(インデックス投資)・ロボアドバイザー


相場に合わせて自動で売買。

トライオートETFの自動売買は、相場変動に合わせて自動で注文・約定を繰り返すスタイル。

スクリーンショット 2018 05 23 10 32 20

ここらへんは自動売買FXの「トラリピ」と似た仕組みですね。

大きな相場変動がなければ、コツコツと利益が蓄積していくわけです。

シミュレーターも用意されているので、気になる方はどうぞ。かなりのリターンが期待できるようです。

スクリーンショット 2018 05 23 10 34 25

用意されているロジックの多くは、上昇相場に強いものになっています。直近のリターンがいいのも、株高が続いているからですね。

ゆえに、トライオートETFは「買い」で注文するのが基本だと思っていいでしょう。

株価指数は長期では伸び続けているので、基本的に「売り(ショート)」で入るのは難易度が高いです。


いくらからできるの?

トライオートETFは少額から運用可能です。

口数を調整すればいいだけなんで、フレキシブルにリスクとリターンのバランスを調整できるんですよね。ここも商品の魅力といえるでしょう。

たとえばもっともパフォーマンスがいい「ナスダック100トリプル ライジング」は、最低22,879円から運用スタートできます(2018年6月時点)。

スクリーンショット 2018 06 19 9 00 11

実際にはもう少し証拠金に余裕をもたせたいので、3万円入金して始めるのがベターですかね。

まずは少額から運用し、商品特性を掴んで、ポートフォリオのバランスを見極めていくのがいいでしょう。

リスクが高い商品なので、トライオートETF全ツッパはあんまりおすすめしません

暴落来たら元本全部失う恐れがあります……。同時に守りの投資もやっておきましょう。

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。


100万円でスタート!

とりあえず100万円の証拠金を入金し、「ナスダック100トリプル スリーカード」を発注してみました。

スクリーンショット 2018 06 13 10 13 02

ナスダック指数は日本時間と売買時間がずれるんで、基本的に「朝起きたら取引がすべて完了している」状態です。

完全放置ということですね。忙しいビジネスパーソンにはうってつけです!


追記)運用開始後、さらにハイパフォーマンスなロジック「ライジング」が登場しました。

8c2a38c7

ライジングのパフォーマンスは、驚異の70%超え……

ちょっとハイリターンすぎて怖いので、イケハヤは「スリーカード」をメインに運用しています(ライジングも少額運用中)。相場上昇を確信できるときは「ライジング」が使えそうですね。


いつも通り赤裸々に成績を公開していくので、どうぞお楽しみに!

トライオートETFを始める


成績公開!

スクリーンショット 2018 06 14 11 47 44

さてさて、いつもどおり成績公開です。

運用開始日は2018年5月23日。100万円でスタートしてます。

現在、運用しているのは「ナスダック100 スリーカード」を5口、同「ライジング」を1口です。「トリプル」は一旦運用を停止し、ちょいと様子見中です。


年月元本評価額累計取引利益有効証拠金率リターン
2018/5¥1,000,000¥1,004,342¥4,342100.4%
2018/6¥1,000,000¥958,998¥29,609560%95.9%
2018/7¥1,000,000¥1,030,676¥35,3001051%103.1%


いやー……ジェットコースターですこれw 一瞬で+11万円までいったんですが、相場下落で一気に利益が吹き飛びました。

記事執筆時点では、相場が回復。なんだかんだでプラス3.5万円ほどです。 


ロスカット水準を計算したよ。

あまりにもパフォーマンスがいいので不安になり、ロスカット水準をしっかり計算しました。

関連記事:トライオートETFのロスカット水準を計算する。


推奨証拠金の水準だと、ちょっと怖いかな〜という感じですね。

提示される推奨証拠金の1.5〜1.8倍くらい入金しておけば、だいぶ耐えやすくなると思います。ご参考まで!


長期保有には不向き。

なお、商品の特性上、金利が掛かるので長期保有には不向きです。

金利水準によりますが、3〜4ヶ月程度保有すると、建玉を黒字で決済しても金利コストで赤字化する可能性があります。

スクリーンショット 2018 06 15 20 46 42

証拠金を多めに積んでロスカットに耐えても、相場回復時に金利コストで結局赤字になる……という末路も考えられるので、基本的には建玉は3〜4ヶ月で損切りするかどうかを見極めていくのがいいでしょう。

関連記事:トライオートETFは長期保有には不向き。金利コストに注意しよう。


損切りラインを決めよう。

長期保有には向いていないので、リーマンショック級の不況が来た場合は、ロスカットに耐えても大きなメリットはありません。

ということは、早めに損切りした方がいいんですよね

どのレベルで切るかはそれぞれなので、チャートを見ながら考えましょう。

マイナスで決済するのは心苦しいですが、トータルの収益が重要なので、時間経過を見ながら運用していきます。

もちろん、ロスカット覚悟で、あえて損切りしないのもありですよ!これはもう、考え方の問題です。

関連記事:トライオートETFの損切りはどう考える?


ローリスクな選択肢から始めよう。

トライオートETFはハイリスク・ハイリターンな商品です。

初心者にはおすすめできません。資金に余裕があり、リスクを取りに行きたい人向けですね。


これから資産運用を始めるなら、ローリスクな積立投資をおすすめします。

定番は「ウェルスナビ」。

急速にユーザー数が増えており、10万口座を達成したとのこと。イケハヤも愛用してます。現在+10%ほどのパフォーマンス!

73528a30

まずは初心者向けの「ウェルスナビ」から資産運用を始め、自分に合った商品を買い進めていくのがおすすめです。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。


意識が高まる無料メルマガ配信中!

イケハヤメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール