スクリーンショット 2018 05 09 10 48 40

こういうコメントをもらったのですが、やっぱりずれてるんですよね。


野村総研だろうがなんだろうが、サラリーマンである以上、自分の事業資産にはならないわけです。

せいぜい「元・野村総研のコンサルタント」みたいな肩書きが付くだけです。その種の人々は、すでに市場に溢れてますけどね。

でっていう。何をやってきたかは守秘義務で語れないとかでしょう?w


「高級取りのサラリーマンが、せっせと節約して資産運用に励み、投資元本3億円作ってリタイア。今は好きなことを仕事にしています」みたいなストーリーなら、いいと思います。クールです。

でも、そういう人ってほとんどいない気がするんですよね……。

それこそ高級マンションに住んじゃったりして、ちっとも資産が残らない。

だから、今日も明日もあさっても出金して仕事をしなくてはいけない。まだ労働で消耗してるの?


報酬や年収がいくら高くても、いつまでも働かないといけない時点で終わってますね。

別にそれはサラリーマンが無能だからとかではなく、そういう構造なんですよ。

だから、副業をするなり、資産運用に励むなり、労働脱出のために動く必要があるんです。OK?


以下の教科書が、みなさんの参考になれば幸いです!

  • マネーの教科書:好きを仕事にするための資本主義論。
  • 副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜
  • プロブロガーによる「ブログ運営の教科書」(随時更新)