スクリーンショット 2018 04 14 9 26 30

イケハヤの「ブログ運営の教科書」は4,980円ですが、普通に1日10冊くらい売れてます。累計で1,500〜2,000冊くらい売れてるはず。


この本は、割りと頻繁にアップデートしています

ブログメディアは環境変化が激しい世界なんで、1年もすると部分的に内容が古びてしまうんですよね。

今月はリライト月間ということで、割りと手直し入れてます。インスタグラムの活用について追記しました。

スクリーンショット 2018 04 14 9 21 37

今書いてる「副業の教科書」が完成したら、質問コーナーも設置予定です。購入者の方のブログのダメだしとかできると面白いですね。


単価が高いので、部数としてはそこまで売れません。ブログ運営の教科書も、売れても5,000部とかでしょうね。それだけ希少性が高いともいえます。


この高単価でも売れるのは、みなさんからの「投げ銭」のニュアンスもある気がしています

イケハヤが挑戦する新しい出版スタイルを応援する気持ちで買ってくれている人も……いるはず!


最後に、SNSクチコミからnoteが売れている実感もあります

フォロワーが多い人が「これは役に立った!」とツイートすると、売れ行きが一気に変わりますね。これは紙の本では起こりにくい現象です。


「信者ビジネス!搾取!」と騒いでいる人も散見されますが、今までの書籍とは違う性質があるわけで、高価格も十分に正当化されうるんですよね。相場的にはもう少し高単価でもいいかな〜と思っていたりするくらい。

だって、「一回買ったら当面は内容が古びない書籍」とか、普通によくないですか?歴史が積み増していけば、内容も濃くなっていくわけですし。

というわけで、「ブログ運営の教科書」販売中です。年内3,000部突破できたら嬉しいですね〜。