スクリーンショット 2018 04 10 15 25 06

開業届を出して事業を始めると、確定申告で「事業所得」の計算に経費を計上することができるようになります。

もちろん正当な範囲において、ですよ。なんでも経費になるわけはないですw


で、もしも副業が赤字だとしたら、その事業所得の赤字を、給与所得と相殺することができます(損益通算)。

金額にもよりますが、所得税の減額効果があるので、場合によっては税金が還付されるというメリットがあります。

この制度を悪用して捕まった人もいるので、悪いことは考えないようにしましょうw


「経費で何かを買う」ということ自体が、学びが多いんですよ

数年事業をやってみると「あえて赤字を作る」という経営的な判断も肌感覚でわかってきます。

ぼくは今年、目指せ赤字で経営しています。赤字にしたいんですが、なかなか難しいんですよね……。


何がどこまで経費になるかはケース・バイ・ケースなので、ぼくもよくわかりませんw 税理士に任せてます。

まぁ、常識の範囲で正当な経費になるであろうものなら大丈夫でしょう。

経費化に悩みがあるなら税理士を探しましょう!税理士に依頼する費用も、副業の経費になりますよw

スクリーンショット 2018 04 10 17 39 43

税理士ドットコムで税理士を探す


以下の記事あたりも合わせてどうぞ。こういうことを肌で学べるのも、副業のメリットですね!

  • 損益通算とは?ライターとして副業するなら覚えておきたい税金のこと | 株式会社LIG
  • 副業を赤字にして還付金を受け取る魅惑の税金対策 | 起業をめぐる冒険
  • 副業の赤字に注意!事業所得にして還付を受けるのは本当に大丈夫? | 内田敦税理士事務所

  • 副業についての本も書いてます。合わせてどうぞ〜!この本も経費になるかも?w

    関連記事:【執筆中につき早割】 副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜