スクリーンショット 2018 03 22 18 36 10

金融庁は世界最大の仮想通貨交換業者とされ、香港に本社を置くバイナンスに改正資金決済法に基づく警告を出す方針だ。同社は無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。無登録業者の監督により違法行為を摘発し、仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いだ。

世界最大の仮想通貨業者に警告へ 無登録営業で金融庁  :日本経済新聞


金融庁の気持ちはわからんでもないけれど、実質的に有効性はないですよね、これ。

仮に「日本からのBinanceへのアクセスが禁止」されたとしても、いくらでも迂回する方法はあるし、そもそもその他の取引所もありますし。DEXなんか規制しようがないです。、

金融庁もさすがにアホではないでしょうから、「海外取引所にはKYC(本人確認)の厳格化を求めていく」という姿勢を示しているにすぎないのでしょう。

「Binance禁止したところでねぇ……」というのは金融庁がいちばんわかっている……と思いたいw


日本の規制当局の動きは、なんというかセンスない感じに溢れてきましたねぇ。

とりま、非現実的な税制だけでもなんとか改善してほしいものです。

関連記事:大石氏の仮想通貨税制に対する提言は重要なので、政治家の人読んでくださいこれ。