いまいちマイナー感の拭えない「ソーシャルレンディング」。

イケハヤも昨年1,000万円くらい、実験的にぶち込んでいたりします。

1年経って成績は良好で、35万円ほどの利息収入(税引き後)が得られました

銀行に眠っていたお金が、サラリーマンの月収相当を稼いでくれた感じですね〜。

詳しい収益内訳は以下の記事をどうぞ。生データです。

関連記事:【実録クチコミ】結局どこがいいの?ソーシャルレンディングのおすすめ業者を比較。


市場規模拡大中。

このソーシャルレンディング、地味に市場が伸びているそうで。。

なんと前年比2.5倍!

Crowdport 001

グローバルでのソーシャルレンディング(P2P融資)市場は今後10年間で1兆ドル(約100兆円)規模に到達するというレポートもある。一方国内もここ数年で立ち上がりつつあり、クラウドポートの独自調査によれば、昨年533億円だった融資金の総額は約2.5倍近く、1316億円に拡大しているそうだ。

ソーシャルレンディングは昨年比2.5倍の1300億円市場にーー比較サイト「クラウドポート」3.1億円調達 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

仮想通貨のような大儲けは無理ですが、マイルドに年間3〜5%程度のリターンを狙うことができます

1,000万なら30〜50万、2000万なら60〜100万の不労所得。なかなか夢がありますね!

仮想通貨に懲りた方は、ロボアドバイザー「ウェルスナビ」と合わせておすすめできる選択肢です。


おすすめの業者は「maneo」。

いろいろ触ってみた結果の比較として、初心者の方には「maneo」がおすすめです。

これからソーシャルレンディング投資を始めるなら、ここを使っておけばそんなに間違いはないかと。

スクリーンショット 2018 03 13 16 39 08

サイトの使い勝手もよく、嬉しいことに家計簿アプリ「マネーフォワード」にも連携しています。案件数も多く、投資金額のハードルも低いです(1案件3万円〜)。

スクリーンショット 2018 03 13 16 40 22

まずはmaneoで感触を掴み、そこからさらにリターンを狙う人は、別のサービスを検討するのがいい流れです。

イケハヤは諸事情で一旦ソーシャルレンディングから資金を抜いてますが、一通り落ち着いたら「クラウドクレジット」の案件に投資する予定です。

クラウドクレジットは海外の投資案件を集めており、よりハイリスク・ハイリターンな選択肢となります。案件によっては利回り10%超えなんてものも。

スクリーンショット 2018 03 13 16 42 29

1年投資した感じクラウドクレジットも悪くないので、「maneoクラウドクレジット」という布陣で運用していこうかな〜と思ってます。


イケハヤの資産運用のリアルについては、こちらにもまとめてます。毎月50万円くらい投資にぶち込んでます!

関連記事:【2018年版】貯金はしない。イケハヤが考える最強の資産運用術。