サクッとまとめです。


革新が進むモバイルウォレット領域。

スクリーンショット 2018 03 13 9 25 20

2018年の注目ジャンルが「モバイルウォレット」。

特にイーサリアム系のモバイルウォレットは、DEXやdappsを統合して、かなり面白いことになると思うんでよね〜。

また、仮想通貨を日常的な決済に使うシーンも、じわじわと広がっていくでしょう。

こうしたシーンでは、スマホアプリ形式のモバイルウォレットが中心的に使われるはずです。

ちょっと目を離しているすきに、面白いものがどんどん出てました。まとめます!


イケてるモバイルウォレットリスト。

ざざ〜っと箇条書きで。

  • Toshi:イーサ系。もっとも開発が進んでいるウォレットのひとつ。dappsブラウザ、メッセージング機能あり。
  • Trust:二番手の印象。dappsブラウザ機能あり。
  • Cipher:イーサ系。dappsブラウザに注力。
  • Eidoo:イーサ系。AirDropでマーケティング中。
  • Status:イーサ系。正式リリース前。メッセージング&dappsに強み。Toshiとの差別化がどうなるかに注目。
  • Ethos:イーサ系。正式リリース前。マルチ通貨対応、投資状況を把握できるダッシュボード機能を搭載。ポートフォリオアプリに近い?
  • Bread:老舗アプリ。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどに対応
  • Coinbase:老舗アプリ。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどに対応。
  • Jaxx:老舗アプリ。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどに対応。
  • Ginco:日本発のウォレット。
  • HB Wallet:日本発のウォレット。
  • TokenPocket:日本発のウォレット。

2018年3月時点だと、こんなプレーヤー状況でしょうかね。

もっとも進んでいるのが「Toshi」なので、これはぜひチェックしておくべし。

モバイルウォレットは日常的な決済というよりは、dappsのプラットフォームになっていく予感がします

ウォレットにETHやトークンを入れておくと、そこからシームレスにdappsやDEXを利用できる……みたいな感じですね。

ToshiやTrustはこの導線を実装済みですが、実際なかなか快適です。モバイル環境でブロックチェーンゲーム遊べるのはいいですね〜。


ただし、こうしたプラットフォーム性のあるアプリケーションを、AppleやGoogleが許すかというと……そこはけっこう疑問があります。

dappsブラウザ系ウォレットは、AppStoreから全削除……とか普通にありそう

ブロックチェーンスマホの「Finney」あたりに期待ですね。さすがに彼らは、こうしたアプリを排除することはないでしょうから。


モバイルウォレット分野は革新が進むことが確実なので、ひきつづきチェックしていきます。遅れを取っている日本勢にもがんばってほしいですね〜。