スクリーンショット 2018 03 09 20 00 30

わかりにくい話なんですが、これめっちゃ重要。

たとえば、

  • イケハヤトークン(IKH)でイケハヤコンテンツが読めるアプリを開発
  • アプリ内では、手持ちのETHをIKHを交換し、コンテンツを閲覧できる
  • 交換には0xやAmadeusなど、外部のサービスを利用
  • さて、このときアプリ提供者のイケハヤは「仮想通貨交換業」の登録が必要なのか?

という感じ。


「日本円でポイント(トークン)を買って、それをサービス内で消費する場合に交換業登録が必要か?」というイメージですね。

これが仮に「登録必須」だとすると…………日本のdappsは終了です。ちーん。南無阿弥陀仏。

独自トークンを導入しないかたちのdappsならありえるので、それはいけると思います。

が、独自のトークンを組み込む場合はもれなく交換業登録必須……とかだと、マジで何も開発できませんね。


日本ではNTF(Non-Fungible Token)の扱いも定まっていません。

ETHとNFTを交換することすら交換業必須となると、もうブロックチェーンゲームの開発はできません。


海外においては、このレベルの議論と規制はまだ行われていないようです。

プレーヤー側がどんどん突っ走り、既成事実的に独自トークンをdappsに組み込んでる感じですかね。

「dapps内のトークン交換」を規制する理由は特段ないと思われるので、グローバルレベルではこんなところは議論にすらならず、アプリ開発が進んでいくのでしょう。

ルール大好きかつ公務員だらけの日本においては……マジで一緒くたになって規制される可能性が………高いのではないかなぁ、と悲観的に見ています。


ま、ユーザー側が処罰されることはないと思うので、別段気にせずやっていきますけどね。

これで逮捕されても普通に抗うレベルです。意味わからん。