スクリーンショット 2018 02 27 14 52 05

金額は目安ですが、

  • 募集金額1,000万円以内
  • 発行時価総額2,000万円以内

のトークンセールは原則的に無許可で実施OK……となれば、かなり嬉しいですね。

この程度の規模なら詐欺が起きてもたかが知れてます。

被害が小さくなるのなら……金融庁的にもいいんではないでしょうかw

むしろICOって、こういう規模のプロジェクトにこそふさわしいと思うんですよね。

10億円単位の調達は、VCでもいいわけで。


小規模のトークンセールが合法化されれば、NPOや中小企業、地域団体などが気軽に資金調達をすることができるようになります!

レストランを開業するときに、割引券になる会員権トークンを事前販売する……みたいなストーリーですね。経済活性化間違いなし。


さらに規制を加えるとすると、

  • 値上がりを約束する勧誘は違法
  • 1万円以上の「最低投資金額」を設定するのは違法

なんて感じでしょうか。ここまでやれば、だいぶ詐欺は減らせます。


億単位の資金を集める大規模なICOに関しては、ひきつづき許可制でやっていくのがいいでしょう

今は無駄にグレーな感じなので、ちゃんと「トークンセール実施には交換業登録が必要」というアナウンスをすべきですね。


攻めの規制がありえるとしたら、なんといっても「配当型トークンの合法化」を盛り込んでほしいですね〜。ここまで攻めたら拍手です。

関連記事:提言:配当型トークンの規制緩和を!


そもそも論として、ICOをやらない方法もあるんですよね。ビットコインもモナコインもICOはやってません。

イケハヤは現状の規制が続く場合、「NO ICO」スタイルで仮想通貨銘柄を立ち上げる予定です。日本はうるさいので、ICOやるのは基本的に賢くないっすね……