スクリーンショット 2018 02 25 10 02 24

資産運用について質問をもらうことが多いので、これを気にまとめます。


ババン!これがイケハヤ流・資産運用術。

結論から申し上げて、イケハヤは以下の金融商品で資産運用を行っています。

下の2つは法人として資金を拠出しています。会社経営者が使える節税対策ですね。


イケハヤ個人の口座からの投資金額は、こんな感じ。月額です。調整することもあるので、概算です。

  • ロボアドバイザー:30,000円
  • 確定拠出年金:23,000円
  • 積立NISA:33,333円
  • ソーシャルレンディング:0円〜100,000円
  • 仮想通貨:100,000円〜300,000円
  • 株式投資:100,000円〜300,000円
  • 小規模企業共済:70,000円
  • 合計:550,000円

イケハヤの役員報酬は手取りで月84万円くらいなので、給料の6割ほどを運用に突っ込んでいることになります

なにぶん物欲がないので、個人としてお金を使うことはほとんどないんです。

個人マネーは運用するくらいしか使い道がないっすね。

なお、事業に必要なお金(書籍代、外注費、交通費など)は会社の口座から出してます。


あ、イケハヤは貯金もほとんどしてません。

いざとなれば引き出せる「ウェルスナビ」が貯金代わりな感じです。

貯金する意味がよくわからんのですよね……。口座に寝かせても1円にもならないし。


こんな考えです。

数字から入りましたが、イケハヤの考え方はこんなところ。

  1. 放置プレーの「積立投資」を基本とする。
  2. 「国際分散投資」を基本とする。
  3. 大きなリターンは狙わず、年率3〜4%の成績を目指す。
  4. リスクを取るのは仮想通貨で。イーサリアムに賭ける!

おそらくこれがもっとも合理的なんじゃないかな、と思います。


積立投資をベースにする。

まず、運用の手間がかからない「積立投資(ドルコスト平均法)」を基本とします

積立投資は「毎月一定額を淡々と買い増しつづける」投資法です。

めっちゃシンプルですが、高いパフォーマンスを出すことができる手法として知られています。

関連記事:【解説】若者世代におすすめの資産形成術「積立投資」について語ろう。

ぼくらはトレーダーじゃないので、別に毎日相場に張り付く必要はありません。普段は仕事をがんばり、放置プレーで投資額を増やし、10年後に資産が増えてたらハッピー。そういう感じでいいんですよ。

愛用しているのは自動でポートフォリオを調整してくれる「ウェルスナビ」。

スクリーンショット 2018 02 25 9 25 18

デザインもよく、出金の自由度も高いので、初心者にはおすすめできます。10万円から始められるので、まずはここからどうぞ。2017年はめっちゃ増えました。

ウェルスナビで積立を始める


国際分散投資をベースにする。

スクリーンショット 2018 02 25 9 56 30

ぼくはもう日本は終わってると思うんで、日本に対して投資はしません。

投資対象としては「国際分散投資」を常に意識しています。日本が沈没しても、世界経済は伸び続けるでしょうからね。

商品としては先ほど紹介した「ウェルスナビ」に加え、SBI証券で「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を積み立てています。

積立時期が悪く、残念ながら現時点では赤字……。でも、淡々と買い増しを続けます。

スクリーンショット 2018 02 25 9 46 04

投資をする意味というのは、「日本にいることのリスク」を分散化させる意味があると思うんですよね

日本で普通に暮らし、普通に働いていると、日本円でしか生活しないじゃないですか。

投資をしないと、資産のすべてが日本円になってしまう。これでは、日本が沈没したときに資産が価値を失います。

資産の一部を「外国株」などにしておけば、日本が終わったときにも、資産価値を維持することができます。

そういう考えなので、イケハヤは国際分散投資をメインにしているわけです。


大きなリターンは狙わない。

仮想通貨で麻痺している人が多いですが、資産運用のリターンなんて、年率5%あったらすごいんですよw

100万円を放置して、1年後に105万円になる。これで十分「好成績」なんです。仮想通貨からすると鼻くそみたいな利益ですけどねw

イケハヤは運用成績として、年率3〜4%、あわよくば5〜6%というあたりを狙っています

つまり、5,000万円の運用元本で、年間150〜300万円の収入を期待している……ということですね。

運用元本5,000万円は、35歳までに達成できたらいいなーと思ってます。あと4年!

もっというと、40歳までには1億円を超える運用元本を目指します。ここまでくると、年間300〜600万円の不労所得が期待できます。なかなかですね!

投資額は増やし続け、同時に利益はすべて再投資するので、50歳になる頃には元本3億円くらいになっているかも?

放置プレーの運用だけで年間1,000万円稼ぐ、というのが当座の目標です。これに加えて事業の収入もあれば、かなりお金で遊べますね。


リスクは仮想通貨、FXで取る!

コンサバティブなイケハヤですが、リスクも取ってます。

2018年時点では、なんといっても仮想通貨!利確はしてませんが、昨年は普通に3〜4倍になりました……。凄まじいパフォーマンス。

とはいえ、仮想通貨の未来はやっぱり不確実すぎるんですよね……。10年スパンで見れば市場規模は確実に伸びるんで、そこまで不安には思ってませんが。

2017年のような「半年で100倍!」みたいなことは減っていくのではないかと。

銘柄的にはイーサリアムとNEMにベットしています。NEMはだいぶ枚数増えたんで、今年はETHを増やします。あとはこまごまと、有望なプロジェクトに投資してます。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!


まぁ、仮想通貨は半分ギャンブルなんでまったりと積み立てます。積立ならZaifがおすすめですよ。

関連記事:Zaifでイーサリアムの積立投資が可能に!


仮想通貨に加えて、最近「トラリピ」という自動売買FXも始めました

仮想通貨ほどハイリスクではないですが、レバレッジが掛かっているので、それなりのリスクはあります。

完全放置ですが、半月で1万円儲かりました。リーマンショック級の相場変動が来なければ、淡々と稼いでくれそうな感じです。

スクリーンショット 2018 05 21 17 18 21

トラリピの設定・成績は以下のブログで公開しています。ミドルリスク・ミドルリターンな選択肢を探しているならおすすめですよ。

関連記事:【クチコミ】自動売買FX「トラリピ」の設定&成績を公開。


で、何から始めればいいの?

「イケハヤの意見はわかったけど、何からやればいいの?」という初心者の方向けにまとめ。

最初におすすめしたいのは、ロボアドバイザーの「ウェルスナビ」ですね。10万円から積立を始められるんで、お金がそんなにない若者でも大丈夫。

こちら「全自動」なので、引き落とし口座を設定したら、完全に放置でいけます

手数料は年率1%。運用額が小さいならそこまで気になりません(運用額50万円なら年率5,000円)。100万円以内の運用ならウェルスナビ一択でもいいくらいです。

スクリーンショット 2018 02 25 10 04 16

お金に余裕があって、もっと効率よく投資したい方は、続いて「確定拠出年金」「積立NISA」も始めてみましょう。こっちはちょっと面倒ですが、節税効果が高いので余裕があるなら満額掛ける価値があります。

リスクを取りたい方は、Zaifでアカウントを開設し、毎月の予算を決めて積立投資をするといいでしょう。

現在、BTC, ETH, MONA, XEMの積立に対応してます。イケハヤ的にはETHがおすすめですかね……。

スクリーンショット 2018 02 25 10 07 33

お金にも働いてもらおう。

バブル時代ならいざしらず、ぼくらは沈没船・日本に乗っているわけですよ……。

働いても働いてもラクにならないのは自明なので、せめて、お金にも働いてもらいましょう

彼らは国境を超えて、成長市場で活躍してくれますから。

仮想通貨なんかはそうですが、そのうち自分の給料を上回るんじゃないでしょうかw


運用元本が5,000万円くらいあれば、労働を卒業することが視野に入ってきます。

コツコツ仕事をして、能力を高め、運用額を増やし、やりたいことをやりましょう。浪費するよりよっぽど楽しいですよ!


重複する部分もありますが、こちらも合わせてどうぞ。

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本



LINEで仮想通貨ニュース配信中!

友だち追加数

仮想通貨、ハマってます。

おすすめ銘柄まとめ

おすすめ取引所ランキング

無料仮想通貨まとめ

イケハヤ流・資産運用の始め方


今日も元気にツイート中。