22801448

「勝負に勝つと、ゲーム内通貨が稼げる」というのはわかりやすいですね。

強いキャラクターを育てることは、マイニング経費みたいなものだと捉えることができます。

……これマジで経費にならないかな……w

トランザクションフィーは純然たる経費になるのは異論なしとして、モンスターを購入するコストも、雑所得から差っ引いても良い気がしてます。

Non Fungible Token(NFT)は金融庁の仮想通貨の定義とはズレる気もするし、ロジック的にはありっちゃありかもしれないなぁ。

NFTはブロックチェーン上のアセットですが、通貨の定義に関わるFungibilityはないわけですから。


イケハヤは雑所得の金額大したことないし、税務調査でバトル覚悟でやってみるのもありですな……。

なぜこの話をするかというと、NFTの購入が限定的にでも「経費化」できるとしたら、これ仮想通貨の節税対策になりえるんですよね。大河内さんとディスカッションしたいテーマ……。


とまぁ、話は逸れましたが、単なるゲームとは違う側面がめちゃくちゃあるということは、ぜひとも知っておくべきですな。

イケハヤが10万円出すのには、それなりの理由があるのです……!

イーサエモン、ユーザーもっと増えるといいんだけどなぁ。まだ全世界で300〜400人くらいだと思われます。

関連記事:dAppsを触ろう!イーサエモンの始め方と攻略法を解説。