この記事、英語ですがぜひとも読むべし!

関連記事:Why the Web 3.0 Matters and you should know about it

Web3.0の大きな特徴は「分散型」というわけですが、個人的にはここに「トークンによるインセンティブ設計」も加えたいですね。

たとえばWikipediaの進化版ともいえる「Lunyr」は、投稿するとLUNトークンがもらえるインセンティブがあります。

スクリーンショット 2018 02 13 10 22 31

Wikipediaは完全にボランティアですが、Lunyrは違うんですよ。ぼくは絶対こっちの方がいいと思います。

Wikipediaがクソなのはみんな知っていると思いますが、あれをボランティアで是正する気分にはなれませんからね……。やっぱり、経済的なインセンティブが必要ですよ。異論は認める。


「分散型」というコンセプトが社会に浸透するまでには、まだ時間が掛かるでしょう。

再三書いてますが、早くて2020年でしょうね。

今の時点で判断するのは早すぎる。イーサエモンとか触って遊びながら、その可能性を感じましょう。

関連記事:dAppsを触ろう!イーサエモンの始め方を解説。