スクリーンショット 2018 02 11 11 44 27

これけっこうインパクトありますね。

 警告を出すのはマカオに本社があるブロックチェーンラボラトリー。仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の代理業、仮想通貨への分散投資業などを主な事業としており、日本で投資家向けにセミナーや勧誘活動をしている。

 2017年4月施行の改正資金決済法では登録業者と登録申請中の「みなし業者」しか日本で営業できず、無登録業者は仮想通貨の交換などは一切、禁じられている。

 金融庁はこれまでも同社に何度も注意してきたが、営業活動をやめないため警告を出し、ホームページで公表。順守しない場合は、警察当局に資金決済法違反の疑いで告発し、警察が捜査に入る。

ブロックチェーンラボは無登録業者であるにもかかわらず、

  • ICO代理業
  • 仮想通貨分散投資業
  • 投資家向けのセミナーや勧誘活動

を「日本で、日本人向け」に行っているという点がNGということです。ちーん。

彼らは仮想通貨取引所を作ろうとしているみたいですが、さすがにもう営業するのは無理なんじゃないかな……。


ブロックチェーンラボはマカオに本社がありますが、法人がどこにあろうが関係ないんですね。

イケハヤは身銭を切って、ブロックチェーンラボのセミナーを受講してます。

彼らがセレクトするICO案件は低レベルなものが多く、かなり割り引いて考えないとヤバいよな〜という感じです。

関連記事:詐欺臭がする「ブロックチェーンラボ」のセミナーを受講したよ! : まだ仮想通貨持ってないの?

直近だと「Centrality」というICOを日本に広げていたみたいですね。代理店制度を使ってゴリゴリ。まぁ、お察し系ですな……。


「ICOトークンは仮想通貨じゃない」という謎ロジックでICOを強行している人たちも、資金決済法違反でやられるかもですね……。

関連記事:GACKTコイン(Spindle)は仮想通貨じゃないので、譲渡・売却はできないそうです。