スクリーンショット 2018 02 07 16 24 53

まだまだこれからなんです。


ブロックチェーンは実用化前。

ここ最近相場が崩れている関係で「仮想通貨はもう終わりですか?」という質問をもらいます。

何を仰るうさぎさん……仮想通貨とブロックチェーンは、まだ始まってすらないんです!

そんなことは、ちょっと勉強すればすぐわかります。この本とか読むとイメージ掴めるかも。

具体的にどのくらいの時期に、どんな感じで実用化されるのか。そんな想像をしてみようと思います。


2018年:DEX、dAppsの夜明け。

まず、今年はDEX(分散型取引所)が実用化に近づきます。DEXって何?という方はこちらをどうぞ。

関連記事:未来のスタンダード!「DEX(分散型取引所)」のメリット・デメリットを徹底解説。

DEXはcoincheckで発生したような大規模盗難が発生しない、次世代型の取引所です。

依然として中央集権型の取引所は使われるでしょうけれど、日常的に取引を行うユーザーの一部は、DEXに移行すると見ています。

かくいうイケハヤも、最近Bancor使ってトークン手に入れてます。

関連記事:Bancorが革命すぎる!実際に使ってみたよ!

DEXはブロックチェーンを使ったアプリケーション(dApps)が実用的を持つ上で、非常に重要なインフラになります。

DEXが十分な流動性を備え、かつ手数料も安くなれば、dAppsが花開くための前提が整います。


2018年の段階でもdAppsは出てきていますが、まだまだ正直、使いにくいですね。

トランザクションコストが高いこと、何より各アプリ専用のトークンを手に入れるプロセスがダルいです

予測市場アプリの「STOX」とか使ってみてください。

まず、純正トークンであるSTXを手に入れるのが面倒ですからw(ゆえに、STOXはユーザーに「デモトークン」を付与しています)

DEXが十分に機能してくると、こうした「専用のトークンを手に入れる苦労」が軽減されていきます。

2018年中には、Bancorや0xを使ってサクッとバックグラウンドでトークンを手に入れることができる仕組みも整ってくるんじゃないかなぁ、と見ています。


2019年:クロスチェーン、企業内ブロックチェーンの夜明け

2019年の大きなテーマは「クロスチェーン」。

これは確実に必要なソリューションでして、何かというと、今のブロックチェーンって相互運用性(interoperability)がないんです。

たとえばイーサリアムとNEMは互換性がないので、「イーサリアムアプリ」と「NEMアプリ」は完全に別々のものになってしまうんですよ。これって面倒だし、「誰得」な話ですよね。

ブロックチェーンが社会に浸透するために、interoperabilityの問題を解決することは必須だといえます。

異なるブロックチェーンを相互運用可能にするソリューションが「クロスチェーン」です

銘柄的には「COSMOS」「Polkadot」「AION」「BlokCollider」「Penta」なんてところがあります。まだまだ出てくるでしょうね〜。イケハヤはBinanceでしこしことAIONを買い増してます……。

クロスチェーン系のソリューションがそこそこ使えるようになるのは、早くても2019年。相互運用性が高いレベルで実現されるのは、2020年でしょうかねぇ。少なくとも2018年には、まだ花開かない技術です。


と、同時に、企業が自社の業務のなかでブロックチェーンを導入するケースも、かなり増えてくるでしょう。

国内だと「mijin」ががんばってますね。2018年時点で、HyperLedgerとNEMの相互運用の実証実験が行われています。これも一種のクロスチェーンですね。

2019年には「実証実験」から、じわじわと「実用化」に傾いていくことでしょう。

ぼくらが普段利用するサービスの背後で、ブロックチェーン(とトークン)が動くようになるのです!胸熱ですね〜。


2020年:トークンエコノミーの夜明け。

2020年には、

  • トークンの流動性の問題
  • スケーラビリティ(送金速度が遅い、コストが高い)問題
  • 相互運用性の問題

が、十分許容できるレベルで改善されると見ています。

逆にいうと、これらが解決されないかぎり、仮想通貨とブロックチェーンは「実用的」にはならないでしょう。

なお、スケーラビリティに関しては市場価格とも関係するので、相場次第では2021年にずれ込む可能性もあります。価格が安い方が手数料は安くなるんで、相場が低迷すると実用化は促進されるでしょうね。


こうした前提が整うと、本格的に「トークンエコノミー」時代が幕を開けます。

あらゆるサービスやコミュニティに、独自の「トークン」が導入され、ユーザー行動に強いインセンティブを与えます。

小さな経済圏が乱立し、新しい資本主義が立ち現れます。

この時代は、すべてのものが「投機商品化」するといってもいいでしょう。


イケハヤもこの時代が来たら、満を持して「イケハヤトークン」をリリースするつもりです。

読者のみなさんに利益とワクワクを還元できる、斬新なトークン設計を考えておりますので、乞うご期待です。


通貨としては、主流にならない。

というあたりが、今見えている話でしょうか。超絶ざっくりなので、異論は認めますw

政府の規制とかも入ってくるんでしょうけど、上記の話については、そんなに関係ないだろうなーと見ています。

政府が取引所を規制したところで、クロスチェーンもDEXも普通に発展していくでしょうからね。


なお、イケハヤは「仮想通貨が日常的に使われる通貨になる」とは考えていません。

日常的な支払いにおいては、やはり法定通貨が強いでしょうし、VISAや銀行が使われるでしょう。

仮想通貨が通貨として使われるのは、「国際送金」「高額決済」「マイクロペイメント」など、割りと特殊な用途に限られるでしょう。


皆さんの予想は?

というわけで、ざっくりとしたイケハヤの予想でした。みなさんのご意見も募集してます!