スクリーンショット 2018 01 24 14 51 42

それぞれざっと解説。

  1. Bitcoin(A):暗号通貨の王者のブランドは強し。Lightning Networkやサイドチェーン、アトミックスワップなど、技術革新も実直に進むだろう。
  2. Ethereum(A+):スケーラビリティの課題はあれど、すでに圧倒的な存在感。技術革新も急速に進んでいる。インフラを抑えているというポジションから、ビットコインよりも優位性があると判断。
  3. Ripple(C):暗号通貨では異色の銘柄。ユースケースと現在の価格から、そこまでの伸びしろはないと判断。
  4. Bitcoin Cash(B):ビットコインとの覇権争いは2018年も継続と見る。ビットコインのスケーラビリティがLNなどの技術で改善された際に、どのような立ち位置になるかが焦点。
  5. Cardano(評価不能):プロダクト不在のため評価不能。
  6. Litecoin(B):BCHとの覇権争いになるか?
  7. NEM(B):dAppsがどれだけ増えるかが焦点。日本から様々なアプリが出てくることを期待。
  8. Steller(D):リップルとの関連性で注目を集めていると思われるが、その存在意義は疑問。
  9. EOS(D):テストネットがリリースされた段階。まだまだこれから。
  10. NEO(B):dAppsも増加傾向。2018年はさらにプレゼンスを高めるだろう。
  11. IOTA(E):実用化に課題あり。ブロックチェーンに対する優位性が発揮されるか疑問。
  12. Dash(E):匿名通貨は政府規制の対象になる可能性、技術革新によって存在意義を失う可能性がある。
  13. Monero(E):同上。
  14. TRON(N/A):プロダクト不在のため評価不能。
  15. Bitcoin Gold(E):特に期待するポイントはないが、今後の開発進展次第では化ける可能性も。

あくまでイケハヤの主観なので、これを参考にして投資して損が出ても自己責任です。当たり前ですね。

ちなみに「B」以上の銘柄はイケハヤも投資しています。

イケハヤセレクトは別の記事でもまとめているので、こちらもどうぞ。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!