これ面白いのでメモっておきます。


戦略的AirDrop。

スクリーンショット 2018 01 24 13 55 41

Binanceにも上場している「Aelf」。彼らはAirDrop(無料配布)を戦略的にマーケティングに取り込んでいます。

プロダクトリリースはまだですが、このマーケティングセンスはずば抜けてるので、なかなか有望な匂いがします。

彼らはそもそもトークンセールの時点で、AirDrop用の費用を割り当てています。27億円相当を集めたので、3億円近く予算を用意しています。これもけっこう斬新ですよね。

スクリーンショット 2018 01 24 13 55 56

Aelfは、こんな感じのマーケティングシステムを提供しています。

スクリーンショット 2018 01 24 13 57 48

デイリーの予算は合計1,500ELF。約20万円ほどですね。

「24時間」をひとつの枠として、毎日コンペティションが行われます。ポイント獲得数が多ければ多いほど、取り分が増える仕組みです。

スクリーンショット 2018 01 24 13 59 52

ポイントの付与は「指定のアクションを取る」という方法がひとつ。RTやリプライをするとポイントが入ります。

スクリーンショット 2018 01 24 14 00 19

もう一つは「招待する」。

これが破壊的で、今ちょっとバグってますが、マルチレベルマーケティングのかたちになっています。

たしか8段階の報酬構造でポイントを積算することができ、上位ユーザーに毎日500ELFが分配されます。

ざっくりいうと、人を集めまくって、集めた人がさらに集めまくってくれると、毎日ちょっとした報酬が得られる仕組みになってます。

といっても全体でデイリー500ELF(6万円ほど)なので、大儲けできる仕組みではないですw 広告費としてみると破格の安さですね。

初日は「24時間で15,000人」を集める人気っぷり。デイリー予算が1,500ELF(約200,000円)なので…………CPA13.3円!!

めちゃくちゃな数字ですねw そもそもトークン払いだから原資ゼロっちゃ原資ゼロだし……。


公式サイトの記述には「3年以内に予算は消化する」ということなので、今後1〜2年くらいかけてじわじわAirDropやっていくんでしょうね。とても賢いやり方だと思います。

というわけで、マーケティングに関心がある&ELFほしい方は以下のリンクからどうぞ。invitation codeは必須でした。

AelfのAirDropプログラムに参加する


その他のAirDrop情報もどうぞ。マーケティングとして興味深いです。

関連記事:【最新版】無料でもらえる!仮想通貨AirDrop情報まとめ。