記事はこれですね。

 人材サービス大手リクルートキャリアに転職希望者として新たに登録した銀行員数は、2017年度上期(4~9月)に前年同期比で約3割増加し、その後も増え続ける勢いだ。超低金利に伴う銀行の収益悪化などで、人員削減への不安が高まっていることが背景にあるとみられる。

銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


もう優秀な層は転職しているので、これから動くような人はそもそもダメだという気も……。


フィンテックや人工知能で銀行の役割がなくなるなんてのは、もうとっくにわかってた話ですからね……。

融資も機能してないし、利息もマイナス金利状態だし……銀行が終わっているのは、中にいる人ほどわかっているのでは?

ごく普通に考えれば消えていくであろう仕事に、若者たちが殺到して就職しようとしているのも謎……。

あ、こういうことか……。平成生まれなのに、昭和脳なんですね。


このブログを読んでいる若者たちは、どうぞ沈没船に乗らないよう……。金融に関わりたいなら、フィンテック系のベンチャー行けばいいわけですし。