スクリーンショット 2018 01 11 7 28 41

だからといって「飲酒運転禁止だって時代遅れだ!飲め飲め〜!」と言うつもりはないです。倫理と法律は違いますからね。

……と思ったけど、完全自動運転が実用化されたら、実質的に飲酒運転は可能になっちゃうのか。

「居酒屋で飲んだあと、無人タクシーを使って帰る」ことが「飲酒運転」になったらナンセンスですよね。誰も運転してないのに。ハンドルすらない自動運転車とか、どうすればいいんでしょうw

法律はおそらく暫くの間「飲酒状態で無人タクシーに乗るのは違法」という処理にするのでしょうね。これが変わるのは2040年くらいでしょうかねぇ……。


と、話は逸れましたが、これから先テクノロジーの進化スピードが加速することを考えると、もう立法や規制のスピードが追いつかないと思うんですよね。すでにそうなってるじゃないですか、AirbnbとかUberとか。

これからはコミュニティがルールを決め、それに人々が従う社会になっていくのでしょう。


法律は「人殺しは禁止」みたいなレベルの大きな話しか扱わなくなるのではないかと。

で、コミュニティルールを違反すると資産が消失したり、そのあとの生活が不利になったりするわけですね。

そもそもブロックチェーンベースなので、不正自体がやりにくくなるんでしょうけど。


21世紀の歴史を振り返ると、最も大きな変化はここなのかもしれません。

立法のあり方、法意識が大きく変わる。

テクノロジーという自然はひきつづき猛威を振るうわけで、こうした議論も進めていかないといけないのでしょうね。